【結果】クロフォードvsインドンゴ、4団体統一戦スーパーライト級

【結果】クロフォードvsインドンゴ、スーパーライト級4団体統一戦




【結果】クロフォードvsインドンゴ、スーパーライト級4団体統一戦

2017年8月19日、ネブラスカ州リンカーンのピナクル・バンク・アリーナで、WBC&WBOスーパーライト級王者のテレンス・クロフォード(アメリカ)とWBA&IBF同級王者のジュリアス・インドンゴ(ナミビア)による4団体統一戦が行われました。

WBC、WBO王者
テレンス・クロフォード(アメリカ)29歳、31戦全勝(22KO)
VS
WBA、IBF王者
ジュリアス・インドンゴ(ナミビア)34歳、22戦全勝(11KO)

 

全団体統一王者が滅多に生まれない理由

今回勝利した選手は史上3人目の快挙となる。

・王座の増加
 最近では王座の増加ゆえにタイトルの価値が低下し、一部の人気選手たちはベルト収集にこだわらなくなった。

・承認料の問題
クロフォード対インドンゴ戦では4団体のタイトルがかかっているため、承認料の合計はファイトマネーの12%。2人の王者たちはそれぞれ10万ドル以上を払うという報道がなされていた。複数階級制覇の方を目指すスター選手が増えるのは当然。

https://news.yahoo.co.jp/byline/sugiuradaisuke/20170819-00074694/

 

試合内容クロフォードvsインドンゴ

1R
互いに距離が遠い距離で様子見、若干クロフォードのの手数が少し上。

2R
インドンゴのダッキングに合わせてクロフォード右ストレートでインドンゴが、ダウン、立ち上がり残り43秒なんとか凌ぐ。

3R

インドンゴ前に出て手数を増やす、1分半インドンゴのワンツーに、クロフォードのカウンターボディ左右で悶絶ダウンでカウントアウト。
WBA&WBC王者のテレンス・クロフォード(米)が勝利を収め4団体統一を果たしました。

 

 

 

3Rダウンシーン動画

 

テレンス・クロフォード(アメリカ)が3ラウンドTKO勝利し、4団体統一王者となりました。また、全団体統一王者の史上3人目の快挙となりました。

テレンス・クロフォード4団体統一王者

テレンス・クロフォード4団体統一王者

 

今後のクロフォードの展開

 

 

個人的な予想は後半クロフォードのKO勝ちでしたが、蓋を開けてみれば、スピードパワー圧倒的な強さで、3RTKOでクロフォードの勝利でした。まるで下位ランカーとの試合のようでした。ここからクロフォードはどこに向かうのか。

これからのクロフォードに期待!

 

動画はこちらからhttps://www.youtube.com/watch?v=R9zKLtbPq7Q

 

 




【結果】クロフォードvsインドンゴ、スーパーライト級4団体統一戦

Twitterで

コメントを残す