【WBSSバンタム決勝戦まとめ】「井上尚弥vsドネア」の次戦の日程?開催地?テレビ放送(中継)地上波のライブ生放送?

【WBSSバンタム決勝戦】「井上尚弥vsドネア」の次戦の日程?開催地?テレビ放送(中継)地上波のライブ生放送?
■8月8日:正式発表された。11月7日(木曜)埼玉スーパーアリーナ!

 WBSS2バンタム級トーナメント決勝「WBA・IBF世界バンタム級王者井上尚弥vs5階級制覇王者ノニト・ドネア」の開催地や日程やテレビ放送(中継)地上波のライブ生放送?の情報を更新していくページです。

まだ準決勝が終わったばかりですが、WBSS主催者のコメントや過去WBSSシーズン1決勝スケジュールをみて妄想していきましょう。

■6月18日:WBSSカレ・ザワーランド氏「9月、10月、11月」が濃厚とコメント!

■6月19日追記:WBSSバンタム級決勝『井上尚弥vsドネア』の日程がまもなく発表とWBSS公式のSNSより発表された。
■6月25日追記:大橋秀行会長が7月中旬メドにWBSS決勝の会場決定するとコメント!
■7月12日追記:9月ロンドン開催の可能性が強いとTheAthletic.comに記されていた。詳細は下記から
■7月18日追記:WBSS決勝は11月開催に内定したと大橋会長が明かした。日刊スポーツより
■7月19日追記:WBSS決勝ドネア撤退の可能性を表明。
■7月31日追記:WBSSバンタム決勝は日本開催11月9日の可能性が高いとESPNボクシングライター『スティーブ・キム氏』がSNSでコメントした。詳細は下記より
■8月6日追記:WBSSバンタム決勝11月7日(アメリカ時間なら日本8日)と著名ライターがコメント

■8月8日:正式発表された。11月7日埼玉スーパーアリーナ!

※各詳細は下記よりご確認ください。


井上尚弥がまたリング誌の表紙に!海外のコメント!デザインは『はじめの一歩!』

2019.07.09

井上尚弥がPFPランク4位と2位(階級無視ランキング・パウンド・フォー・パウンド)

2018.10.26

井上尚弥に挑戦状WBC王者ウバーリにSNSで一言!バンタム級王者の動向

2019.07.06

「井上尚弥vsドネア」の次戦はいつ?日程【WBSSバンタム決勝戦まとめ】

■8月8日:正式発表された。11月7日(木曜)埼玉スーパーアリーナ!

決勝は年内に開催される可能性が高いと言われている。

WBSSシーズン1の日程を見てみると、
・クルーザー級の準決勝最後が2018年2月3日、決勝が2018年7月21日に開催。約5ヶ月後に開催されている。
・スーパーミドル級の準決勝最後が2018年2月24日、決勝が2018年9月29日に開催。約7ヶ月後に開催されている。


WBSSシーズン1最後の準決勝から5ヶ月後から7ヶ月後前後だった、井上尚弥の準決勝が5月19日に行われたので、決勝は10月~12月頃開催されると思います。

※決まり次第、更新していきます。

「井上尚弥vsドネア」テレビ放送(中継)地上波のライブ生放送?【WBSSバンタム決勝戦まとめ】

■8月8日:正式発表された。11月7日(木曜)埼玉スーパーアリーナ!
おそらく日本開催が決まったので、「フジテレビで生放送」の可能性が高いです。アメリカはDAZNで放送が決まっている。

WBSS1回戦と準決勝の放送局とライブ配信しているかを確認。
1回戦日本開催
ライブ(生放送)→フジテレビ

準決勝イギリス開催
ライブ(生放送)→WOWOWエキサイトマッチ
録画放送→フジテレビ

決勝の開催地が海外か日本でやるかで変わってきそうです。


※決まり次第、更新していきます。

「井上尚弥vsドネア」開催地?【WBSSバンタム決勝戦まとめ】

■8月8日:正式発表された。11月7日(木曜)埼玉スーパーアリーナ!
以下、決定前の情報
WBSS主催者ザワーランド氏が英メディアにコメントした開催場所が、
『日本orアメリカのロサンゼルス』が有力とコメントした。
『ドネアはロサンゼルスにフォロワーがいる。日本の人々も住んでいて、井上ファンはみんな旅行好きみたいだね』

※決まり次第、更新していきます。

【6月19日速報】WBSSバンタム級決勝『井上尚弥vsドネア』の日程がまもなく発表!!

2019年6月19日ボクシングニュース
画像:WBSS公式のSNSより

画像:WBSS公式のSNSより

6月19日WBSSバンタム級決勝『井上尚弥vsドネア』の日程がまもなく発表とWBSS公式のSNSより発表された。
※注意、過去アナウンスがあってからなかなか発表されなかったケースもあったので気長に待ちましょう。
下記より⏬

追加情報まとめ【WBSSバンタム決勝戦まとめ】

【6月25日速報】大橋秀行会長が7月中旬メドにWBSS決勝の会場決定するとコメント!

井上尚弥の所属ジムの大橋秀行会長が6月25日、7月中旬を目標に会場を決める方針を示した。
大橋秀行会長コメント「村田諒太選手の世界戦(7月12日)あたりを目標に試合会場、日程などを決められば。まもなく決まると思います」
・ドネア(36=フィリピン)は米西海岸が拠点。来日経験も多く、同じアジア勢でもあるため、日本開催にも柔軟に対応できる可能性がある。
・WBSS主催者は3階級の決勝開催地の興行権を世界各国に売り出し中。
・オイルマネーが豊富な中東なども候補に挙がっている。
引用:日刊スポーツより

9月ロンドン開催の可能性『井上尚弥vsドネア』ダブルヘッダー?

7月12日追記:スポーツメディアTheAthletic.comの中でリング誌ライター『マイク・コッピンガー氏』は、アメリカでWBSSの放映権を持っているDAZNの考えは、バンタム級『井上尚弥vsドネア』とスーパーライト級『プログレイスvsテイラー』をダブルヘッダーで行い、9月ロンドン開催の強い可能性があると。TheAthletic.comで一般購読者からマイク・コッピンガー氏が質問に答えるQ&Aページにて回答していた。

https://theathletic.com/

https://theathletic.com/

WBSS決勝は11月開催に内定したと大橋会長が明かした

7月18日追記:WBSS決勝は11月開催に内定したと大橋会長が明かした。井上拓真とダブル世界戦の可能性も。

日刊スポーツより
WBSS決勝は11月開催に内定した。18日に横浜市内で開催された大橋ボクシングジム後援会パーティーに出席した大橋秀行会長が明かした。同会長は「開催地は決まっていないが、11月にやることになっている。交渉は大詰め。第4コーナーを回っています。WBSS決勝に向けて全力を挙げていきたい」と説明した。
またWBC世界同級正規王者ノルディーヌ・ウバーリ(フランス)との王座統一戦が予定されているWBC暫定王者の井上拓真(23=大橋)との兄弟ダブル世界戦となることも「視野に入れています」と明らかにした。

まだまだ正式発表ではないので気長に待ちましょう!二転三転すると思います。

WBSS決勝ドネア撤退の可能性を表明。

 WBSS決勝で井上尚弥と対戦するノニト・ドネアはなかなか決まらない日程に対して、WBSSに決勝撤退の可能性があることを会談で伝えたことがtheathletic.comボクシングライターより明らかとなった。
 ノニト・ドネア陣営は、7月までに決勝が終わる予定していたとSNSで明らかにした。
 WBSS代表のカッレ・ザウアーラントは、先日井上vsドネアは11月に開催されると発表したことから、以前に10月から12月まで毎月1回の決勝があると言っていたので、10月12月はスーパーライト級決勝かクルーザー級決勝がどちらかになるはずです。以前の話が活きていたら。


※ドネアは流石に撤退はしないと思います。早く日程を決めさせる為に表明したものだと思われます。あくまで推測になりますが。

日本11月9日WBSSバンタム決勝開催の可能性高い

WBSSバンタム決勝は日本開催11月9日の可能性が高いとESPNボクシングライター『スティーブ・キム氏』がSNSでコメントした。


今週末最終決定すると。
またアメリアで活動するスポーツライター杉浦大介氏が『スティーブ・キム氏』の情報は信憑性が高いとコメント。


また噂では埼玉スーパーアリーナではないかとSNSでコメントしている人が多い。(こちらはソース元不明)
正式発表まで待ちましょう!

【速報】WBSSバンタム決勝11月8日と著名ライターがコメント

@TheAthletic+リング誌ライターのマイク・コッピンガー氏より
🗓WBSS 井上尚弥vsドネア、11/7(日本8)※アメリカ時間で話している場合。
ソースは下記より↓


正式発表まで待ちましょう!

【正式決定】 11月7日『井上尚弥vsドネア』WBSSバンタム級決勝

 WBSSバンタム決勝『井上尚弥vsドネア』の日程と場所が、正式にWBSSから発表されました。11月7日(木曜)に埼玉スーパーアリーナで開催することが発表された。
※BOXRECには現地時間で記載されるはずなので11月7日(木曜)で間違いないです。

【投票】勝敗予想・開催地はどこがいい?

【勝敗予想】井上尚弥vsドネア

【勝敗予想】井上尚弥vsドネア

View Results

Loading ... Loading ...

チケット情報

下記でまとめています。

関連記事で井上尚弥の凄さを確認してみてはどうでしょうか↓

また偉業、井上尚弥がKO賞【2018年リングマガジンのオブザイヤー】「優秀選手賞」「ノックアウト賞」「カムバック賞」

2019.01.06

【井上尚弥】リングマガジン単独表紙、日本人初。今年の表紙一覧を見て凄さを確認!

2018.11.28
【WBSSバンタム決勝戦】「井上尚弥vsドネア」の次戦の日程?開催地?テレビ放送(中継)地上波のライブ生放送?

【限定】『Hi-TechⅡ』 Tシャツ

■限定で即完売したHi-Tech(ハイテク)Tシャツの第二弾。
オリンピック2連覇を果たし、プロ世界最速の3階級制覇王者の通称Hi-Tech(ハイテク)Tシャツ第二弾。

限定枚数残りわずか!

29 件のコメント

  • 希望としてはLAでステーブルセンター。観光と応援それに海外に引っ越した友達にも会える。
    時期は10月か12月の初めまで開催して欲しい。飛行機代と仕事の関係で。

  • 11月にロスでやってほしい。
    日本でやることになれば、おそらく12月それも大晦日とかにやることになるだろう。
    勝って当たり前という空気の中、TV局の事情に振り回され
    尋常でないプレッシャーを背負わされ、時間も奪われ
    減量やコンディション調整に苦しむことになるだろう。
    しかもドネアは以前世話になった恩人だ。
    いつもの戦いとは勝手が違うことだろう。ドネアはそこに付け込む老獪さを持つ。
    井上側はマネーを度外視してでもロスでの11月開催を希望すべきだ。
    こんなところで壁にぶち当たる井上を見たくない。

  • テニスで例えるならウィンブルドンですべてストレート勝ちして優勝するぐらいの偉業。
    今後彼を超える選手は50年は現れないでしょう。
    その事も踏まえて是非アメリカで名前を轟かせてほしい。

  • テニスのウィンブルドンで全てストレート勝ちってそれはいくらなんでも言いすぎだと思いますよ。階級も細かく分かれてる訳だし、階級の強い人が、全て出てる訳でもなし。
    井上が稀有な才能を持った選手なのは同意です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。