DAZNメリット・デメリット【お得な点が多い】

DAZN(スポーツ動画ライブ配信サービス)メリット・デメリットについて、ご紹介します。

メリット:見逃し観戦、フルタイムorハイライト視聴、年間10,000試合スポーツ(11種類)中継、テレビで観戦可能、2つの端末で同時視聴、支払い方法が豊富

・関連:ドコモユーザーDAZN月額が安い
・関連:2020DAZNプロ野球の試合一覧
・関連:2020DAZNサッカーリーグ大会一覧

DAZNメリット・デメリット【お得な点が多い】

DAZNメリット

年間10,000試合スポーツ中継

DAZNはスポーツの試合中継を年間10,000試合も配信しているので、スポーツが好きな人にはとても魅力的なコンテンツになります。

DAZNで見れるスポーツは何?11種類+アニメ(スポーツ)
・サッカー
野球※ほとんどの試合が見れる、メジャーリーグも!
・バスケットボール
ボクシング※カネロやゴロフキン必ず放送!
・ダーツ
・テニス
・Eスポーツ
・バレーボール
・総合格闘技
・モータースポーツ
・ゴルフ
・アニメ(タッチ・H2・ONE OUTS)

見逃し観戦

DAZNを利用するメリットは、録画無しで見たかった試合の見逃し観戦が行える点にあります。スポーツはLIVE観戦が一番だといわれていますが予定があり試合時間に間に合わないことも多いですが、DAZNなら30日間の見逃し配信対応になっているので、録画をしなくてもいつでも試合を楽しむことが可能です。

フルタイム視聴とハイライト視聴

他にもこのサービスでは、見たい試合を再生する際にフルタイム視聴とハイライト視聴のいずれかを選択することができますが、ハイライト再生はフルタイムでじっくり見ることができない場合でも試合中で必見シーンを3~5分のハイライト番組でサクッと見ることができます。

スマートフォンやタブレットどこでも見れる

一般的にこのサービスはスマートフォンやタブレットなどを利用して利用する方が多いのですが、対応の端末さえ用意できればテレビの大画面で視聴することも可能なので、外出中ならスマートフォンなどの小さな端末で試合をチェックして自宅なら大画面で大迫力のスポーツの試合を見ることが可能です。一つのアカウントで2台まで同時視聴を行えるので、家族でそれぞれ違うスポーツの試合を同時に楽しむことができるのもメリットの一つです。

・関連:ドコモユーザーDAZN月額が安い
・関連:2020DAZNプロ野球の試合一覧
・関連:2020DAZNサッカーリーグ大会一覧

テレビで観戦可能!方法

スマートフォンやタブレットでも見れて、テレビでも見ることができます。
・Amazon Fire TV:DAZNアプリをダウンロードして視聴
・パソコンを直接HDMIケーブルでテレビに接続
・Chromecast:テレビに接続することで、WiFi経由でスマホやタブレット、パソコンの画面をテレビで映し出す
・Apple TV:Apple TVをテレビに接続することで、WiFi経由で視聴
・スマートテレビ:インターネットの機能が備わっているテレビ※ソニー, パナソニック LG, 東芝の一部のテレビに対応しています。

・関連:ドコモユーザーDAZN月額が安い
・関連:2020DAZNプロ野球の試合一覧
・関連:2020DAZNサッカーリーグ大会一覧

2つの端末で同時視聴

1つのアカウントで2つの端末で同時視聴できる点もDAZNのメリットの1つです。DAZNには1つのアカウントで機種が6台までログイン可能で、この内2台で同時に視聴ができます。同じタイミングで家族が家のリビング部屋で視聴しながら、帰宅途中の電車でスマ
ホから自分が視聴できるというような、便利な使い方ができます。

支払い方法が豊富

・クレジットカード、デビットカード
・DAZNチケット※前払い制なので安心
AMAZON(アマゾン)購入可能※アマゾンポイント貯まる。
セブン-イレブン(マルチコピー機)で購入可能
ローソン、ミニストップ(Loppi)で購入可能
ファミリーマート(Famiポート)で購入可能
・ドコモ払い(ドコモユーザーのみ)
・iTunesギフトカード
・年間視聴パス
・FireTVのアプリ内課金
・PayPal

・関連:ドコモユーザーDAZN月額が安い
・関連:2020DAZNプロ野球の試合一覧
・関連:2020DAZNサッカーリーグ大会一覧

初月無料で無料期間中に退会可能

なんと初月無料で無料期間中に退会可能です。お試しに登録しても1ヶ月以内であれば課金されずに退会が可能と太っ腹です。

・関連記事:『ドコモ』ユーザーDAZN月額が安い・通常との比較
・関連記事:2020年DAZNプロ野球の試合一覧
・関連記事:2020年DAZNサッカーのリーグ・大会・試合一覧

DAZNデメリット

ディレイ

DAZNを利用する上でのデメリットは、頻繁にディレイしてしまうことが挙げられます。ディレイとは試合中の配信が止まる現象を指し、アクセスが集中しやすい人気のスポーツの試合になると快適に視聴できないというトラブルも発生しています。またHD画質で配信を行っていますが、回線が混雑してしまうと画質が低下しやすくなります。そのため定期的に粗い映像に切り替わってしまう恐れがあるので、テレビ放送のような高画質の映像が常に見ることができないという声も少なくありません。

録画できない見逃し配信

お気に入りのスポーツの試合は録画して残しておきたいという方は多いですが、DAZNでは録画機能が搭載されていません。試合のLIVE中継以外は試合終了後30日間の見逃し配信となるので、長期間お気に入りの試合を繰り返し見ることができないという点もデメリットの一つだと考えられています。
初回一ヶ月は無料でサービスを利用することができるので、注意点を踏まえた上で今後も利用するか検討するようにしましょう。

・関連:ドコモユーザーDAZN月額が安い
・関連:2020DAZNプロ野球の試合一覧
・関連:2020DAZNサッカーリーグ大会一覧

DAZNボクシング【スケジュール更新中】DAZNで見れる選手一覧!

WOWOWエキサイトマッチ放送予定スケジュール:ボクシング番組