『ロマチェンコ』4月12日クローラ戦についてインタビュー!!今後の階級についても

現WBAスーパー・WBO世界ライト級統一王者 ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)

 WBA・WBOライト級統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)の次回防衛戦が4月12日ロサンゼルスのステープルズ・センターで、元WBA王者で現在1位のアンソニー・クローラ(イギリス)を相手に行われる。

ロマチェンコワールド炸裂!【結果・動画】ワシル・ロマチェンコvsアンソニー・クローラ WBAスーパー・WBOライト級タイトルマッチ 4月13日

2019.04.13
 ロマチェンコが今後の階級や、4/12クローラ戦についてや、プロスペクトで勢いのあるテオフィモ・ロペスについてのインタビューをご紹介。


現WBAスーパー・WBO世界ライト級統一王者 ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)

『ロマチェンコ』4月12日クローラ戦についてインタビュー!!

ハリウッドのFortune Gymでメディアワークアウトの際のインタビュー。


今後の体重・階級について

ロマチェンコ「私はライト級ですが、ライト級は私の理想的な階級ではありません。私の目標は4つのタイトルすべてを統一することです。たぶん私は130ポンド(スーパーフェザー級)まで戻って、そして再びそこに世界タイトルを獲得するつもりです。

対戦相手アンソニー・クローラについて

ロマチェンコ「私はクローラについてあまり知りませんが、クローラvsリナレス2回の戦い(リナレス2度勝利)から彼を知っています。私は彼が攻撃的な戦闘機であることを知っています、そして私は前に来る人たちと戦うのが好きです。」

クローラ戦の準備について


ロマチェンコ「私はいつものように準備します。私達は一生懸命訓練しています。私はすでに数ヶ月間トレーニングをしていて、ロサンゼルスとESPN +で私のファンのために素晴らしいパフォーマンスを見せるでしょう。私はみんなに私の最高のスタイルを見せて、みんながそれを楽しんでくれることを望みます。」

「今、クローラが最良の選択です。彼は必須の挑戦者であり、私は戦いたかった。だからこそ私はこの戦いを受け入れました。」


クローラ戦の展開

ロマチェンコ「それは彼がどのように戦うかによって異なります」


プロスペクトのテオフィモ・ロペスについて

ロマチェンコ「私は準備ができています。私はベルトが必要です。ロペスがベルトを持っているならば、私はロペスと戦うつもりです。」

ライト級プロスペクト圧倒のKO勝ち【速報・結果】テオフィモ・ロペスvsディエゴ・マグダレノ2019年2月3日

2019.02.03
『テオフィモ・ロペス』はライト級プロスペクトで世界ランカー(3団体世界ランク入り)12勝10KO無。
ロペスは2019年2月にテオフィモ・ロペス(アメリカ・21歳)対、世界挑戦経験のあるベテランのディエゴ・マグダレノ(アメリカ32歳)を7ラウンドKO勝ちし世界挑戦にアピールした。

今後スーパーフェザー級まで戻って、そして再びそこに世界タイトルを獲得すると。無理に階級をアップしない模様。安心しました。

Rate this post
現WBAスーパー・WBO世界ライト級統一王者 ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。