大逆転ダウンの応酬【結果・ライブ速報】中谷正義vsベルデホ 2020年12月13日 

 2020年12月13日アメリカ・ラスベガスのMGMグランド・カンファレンスセンター(バブル)で開催されるWBOインターコンチネンタル ライト級王座決定戦、WBOライト級14位中谷正義(日本・帝拳)vsIBF同級5位フェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)の試合結果・内容・勝敗をライブでお届けします。※更新されない場合はブラウザキャッシュを消してください。


【勝敗予想】フェリックス・ベルデホvs中谷正義

  • 中谷正義『勝利』 (65%, 112 Votes)
  • フェリックス・ベルデホ『勝利』 (35%, 59 Votes)

Total Voters: 171

Loading ... Loading ...
トップランクはベルデホが勝てばロペスに挑戦させる流れであることを報道していますが、どちらが勝ってもトップランクのロペスが4つベルトを持っているので王座挑戦に一歩前進できます。

中谷選手は計量後のインタビューで冷静に『5回で倒す。それが俺の仕事だから』とコメント!

 元スーパースター候補だったフェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)は、ロンドンオリンピックに出場、2018年3月アントニオ・ロサダ(メキシコ)にまさかの10ラウンドTKO負け初黒星、その後3連勝、2020年7月17日無敗のウィル・マデラと対戦し衝撃の1ラウンドKOがちを収めている、ロサダに負けていなければ既に世界にたどり着いていたかも?と言われるぐらいのスーパースター候補だった。


大逆転ダウンの応酬【結果・ライブ速報】中谷正義vsベルデホ 2020年12月13日 

【試合内容】中谷正義vsベルデホ

この試合はWOWOWオンデマンドでライブ配信されています。

13:22 前の試合が終わりそろそろ始まりそうです。

13:29 両者入場!
13:31 始まります。

1ラウンド
前半、ジリジリ前に中谷がジャブから右ストレート。ベルデホは下がりながら応戦。
1分20秒すぎベルデホの右ストレートでバランス崩し中谷がダウン。再開後に打ち合いになるがベルデホが下がる。
ダウンはそこまで効いていないようです。


2ラウンド
中谷がプレスを、ベルデホは下がりながら応戦。
2分すぎベルデホの左フックがヒット。
五分の展開だがややベルデホ


3ラウンド
序盤、ベルデホの右ストレートがヒット。次の右はヘッドスリップで避ける中谷。
中盤、ジャブで前にでる中谷。
終盤、距離がある展開。
ベルボデの優位。
4ラウンド
1分20秒すぎベルデホの右ストレートがカウンターで決まり中谷が膝をつきダウン。
ベルデホは再開後に畳みかけず慎重。
ベルデホがダウンを奪い優位に。


5ラウンド
互いにジャブから右ストレートまで。
五分の展開。


6ラウンド
中谷がプレスを、ベルデホは下がりながら応戦。
ベルデホの左フックが印象的。
ややベルデホ
7ラウンド
1分20秒過ぎ中谷が連打でベルデホをロープに追いやる。ベルデホはクリンチ。更に畳み掛ける。中谷の攻撃ターンが続く。
中谷の明確なラウンド。
ベルデホ効いているのか?


8ラウンド
最後、中谷のパンチでベルデホが効いたが、ベルデホ返しのパンチで中谷の足がふらつく。
中谷の左目が腫れてきてる。
見栄えはややベルデホ
9ラウンド
序盤、1分28秒過ぎベルデホがダウン。再開後に中谷がパンチを当てベルデホがダウン。試合は終了


この試合はWOWOWオンデマンドでライブ配信されています。

【フィニッシュ動画】中谷正義vsベルデホ

p>

【試合結果・勝敗】中谷正義vsベルデホ


 2020年12月13日アメリカで開催されたWBOライト級14位中谷正義vsIBF同級5位フェリックス・ベルデホの試合結果・勝敗は、中谷正義が序盤ダウンを取られ劣勢だったが9ラウンド2度ダウンを奪い、9ラウンドKO勝利!!!!!


試合後インタビュー『ロペスともう一度戦いたいから序盤のダウンからも続けられた。またKO狙って試合をしていきたい。海外で勝つにはKOしかない。それが僕スタイル。』


この試合はWOWOWオンデマンドでライブ配信されています。

【公式スコアカード】中谷正義vsベルデホ

誰もが6ラウンドまでフルマークでポイント取られ勝てると思わない。アメージング!!!


【パンチデータ】中谷正義vsベルデホ


大逆転ダウンの応酬【結果・ライブ速報】中谷正義vsベルデホ 2020年12月13日 パンチデータ

https://twitter.com/CompuBox


8 件のコメント

  • 今年のファイトオブザイヤーの新しい候補です。
    井上ドネアしか選択肢がなかった去年は去年で凄かったですが、今年はセペダvsバランチェク、エストラーダvsクアドラスときてこの試合。コロナ禍にも関わらず、沢山の名勝負が生まれました。
    さぁ、どの試合が受賞するか

  • 前半は二度のダウンで、大差の判定負けかと思っていましたが、8回ぐらいから中谷選手の攻めが優っているように思いましたので、もしかしたらと思っていました。前半から叩き込んでいたボディ打ちが効いてきたのでしょうか。相打ち覚悟の左見事でした。

  • 長谷川(穂)しかり、井岡しかり、もちろんM,パッキャオしかり、ボクサーは負けてから本物になっていく。中谷もロペスに敗れ、これから真のボクサーになって欲しい。期待しています。

  • 「ファイト・オブ・ザ・イヤーはセペダvsバランチェクかなぁ〜」とも思うので
    この試合は、カムバック・オブ・ザ・イヤーで。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。