【結果】村田vsエンダム2 WBA世界ミドル級タイトルマッチ

アッサン・エンダム vs 村田諒太 WBA世界ミドル級タイトルマッチ

2017年10月22日、両国国技館でトリプルタイトルマッチのメインイベントWBA世界ミドル級タイトルマッチ王者ハッサン・ヌダム・ヌジカム対、村田諒太と第二戦(再戦)した結果をお届けします。

試合内容、村田vsエンダム2

第1ラウンドから互いに打ち合いの展開。村田は前回の対戦よりも手数を増やし、エンダムにプレッシャーをかけた。4回、村田の右パンチをボディーに受け、エンダムがよろめくと、さらに村田が手数を増やし激しく攻めた。5回、エンダムもひるまず攻勢に出て、両者譲らぬ激しい打ち合いとなった。6回には、村田のストレートがエンダムにクリーンヒットした。7回終了後、TKOで村田が勝利した。

nikkansports.com


村田諒太が7ラウンドTKO勝利で、王座獲得、通算成績14戦13勝(10KO)1敗となった。

村田vsエンダム2動画

※そのうち消えると思います。

ゴロフキンのトレーナー、アベル・サンチェスが語るアッサン・エンダム対村田諒太リマッチのポイント

yahoo杉浦大介スポーツライターより
ーー今の時点では現実的ではありませんが、村田がタイトルを奪った場合、ゴロフキン対村田の実現がいずれ視界に入ってくると考えますか? 

AS:それは間違いないですよ。リョウタが今回の試合でタイトルを奪い、何度か防衛することが条件になります。それさえ果たせば、現実的な話になり得ます。ゲンナディはまだ35歳なのだから、38歳くらいまでに対戦は可能でしょう。日本で開催すれば凄いイベントになるんじゃないですか? 

ーーそうですね。報酬など、条件面を考えたらまとめるのは容易ではないでしょうけど・・・・・・。条件次第でゴロフキンは日本での試合にも同意すると思いますか?

AS:もちろんです。ゲンナディが世界中のどこでも戦うことはこれまでの彼のキャリアで証明されているはずです。彼は1つの場所にこだわるタイプではありません。ウクライナでも、パナマでも、モナコでも、イギリスでも、どこでも問題なく戦ってきました。もちろん条件次第ですが、日本にも喜んで行きますよ。

将来的にゴロフキンと対戦とかもありえなくないので

試合後村田コメント

次の試合?ミドル級4団体王者

まずは下位ランカーと日本で初防衛してからですかね。十分下位ランカーでもいい選手いるので。

先々を考えてミドル級4団体王者をチェック

WBAスーパー王者:ジェナディ・ゴロフキン(カザフスタン)
WBC王者:ジェナディ・ゴロフキン(カザフスタン)
IBF王者:ジェナディ・ゴロフキン(カザフスタン)
WBO王者:ビリー・ジョー・サンダース(イギリス)
WBAレギュラー王者:村田諒太

なんと村田諒太のWBAにスーパー王者:ジェナディ・ゴロフキンがいるんです。

村田選手おめでとうございます。日本ボクシング界も一歩前に進めたのではないでしょうか!!

Rate this post
アッサン・エンダム vs 村田諒太 WBA世界ミドル級タイトルマッチ

【限定】『Hi-TechⅡ』 Tシャツ

■限定で即完売したHi-Tech(ハイテク)Tシャツの第二弾。
オリンピック2連覇を果たし、プロ世界最速の3階級制覇王者の通称Hi-Tech(ハイテク)Tシャツ第二弾。

限定20点!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。