坂本真宏(六島)選手紹介。2018年末マカオで世界戦!IBF世界フライ級王者モルティ・ムタラネに挑戦!

坂本真宏(六島)選手紹介。年末マカオで世界戦?IBF世界フライ級王者モルティ・ムタラネに挑戦!

 坂本真宏(六島)が、年末の井岡一翔のマカオ興行でIBF世界フライ級王者モルティ・ムタラネとの世界戦が開催される。大阪の六島ジムに所属するプロボクサーで世界ランカーの坂本真宏(サカモトマサヒロ)選手のご紹介。


◯目次
1 世界ランカー:坂本真宏(六島)2018年末マカオ世界戦
1.1 基本情報 坂本真宏(六島)
1.2 プロ獲得王座 坂本真宏(六島)
1.3 ランキング 坂本真宏(六島)
1.4 プロ戦歴 坂本真宏(六島)
1.5 大学院生ボクサー
1.6 動画1:元世界王者の木村 翔(青木)との対戦
2 年末の井岡一翔の同興行で世界戦の予定
2.1 年末マカオ興行の対戦カード一覧

世界ランカー:坂本真宏(六島)2018年末マカオ世界戦

2018年末マカオで世界初挑戦する坂本真宏(六島)の基本情報、戦歴、動画のご紹介。

基本情報 坂本真宏(六島)

名前:坂本真宏(Masahiro Sakamoto)

愛称:文武両道ボクサー

身長:164cm

誕生日:1991年1月19日(27歳)

国籍:日本大阪府堺市

レジデンス:日本大阪府

スタンス:オーソドックス


プロ獲得王座 坂本真宏(六島)

プロ獲得王座:
14年全日本新人王(敢闘賞)
現WBOアジアパシフィック・フライ級王者(1)

ランキング 坂本真宏(六島)

WBO世界フライ級4位
IBF世界フライ級15位
WBC世界フライ級40位
OPBFフライ級9位
WBOAsia Pacificフライ級王者

プロ戦歴 坂本真宏(六島)

プロ戦歴:14戦13勝(9KO)1敗

2014年12月28日プロデビュー。
2014年全日本新人王に輝く。

2017年12月元WBA世界ミニマム級王者クワンタイ・シスモーゼン(タイ)とWBOアジアパシフィックフライ級王座決定戦を行い3ラウンドKO勝ち。

唯一の1敗は、元世界王者の木村 翔(青木)に判定負け(114-114,112-116,112-116)。
木村選手の坂本選手に対するコメント
「坂本君は根性があった。」
デイリースポーツより


 

大学院生ボクサー

坂本真宏(六島)は、大阪市大大学院で機械物理系を専攻する。
一度引退を考えていた、その時には就職しようとしたのがロボット工学関係の会社。
国内ジム初の【国公立大現役大学院生ボクサー】による世界王座挑戦を目指す。

動画1:元世界王者の木村 翔(青木)との対戦

元世界王者の木村 翔(青木)との動画、画質が荒いです。


年末の井岡一翔の同興行で世界戦の予定

年末12月31日マカオで、WBO世界スーパーフライ級王座決定戦井岡一翔vsドニー・ニエテス、ブドラーvs京口紘人の同カードに出場が濃厚と言われている。対戦相手はIBF世界フライ級王者のモルティ・ムタラネ(南アフリカ共和国)と言われている。
ムタラネの戦歴は36勝24KO2敗の36歳。
Embed from Getty Images 

年末マカオ興行の対戦カード一覧

WBO世界スーパーフライ級王座決定戦
井岡一翔 vs ドニー・ニエテス

WBA世界ライトフライ級スーパータイトルマッチ
王者:ヘッキー・ブドラー vs 京口紘人

IBF世界フライ級タイトルマッチ
王者:モルティ・ムタラネ vs 坂本真宏(六島)

井岡一翔vsニエテス 年末@マカオ WBO世界スーパーフライ級王座決定戦 2018年12月31日

2018.11.01
坂本真宏(六島)選手紹介。年末マカオで世界戦?IBF世界フライ級王者モルティ・ムタラネに挑戦!

【限定】『Hi-TechⅡ』 Tシャツ

■限定で即完売したHi-Tech(ハイテク)Tシャツの第二弾。
オリンピック2連覇を果たし、プロ世界最速の3階級制覇王者の通称Hi-Tech(ハイテク)Tシャツ第二弾。

限定20点!

1 個のコメント

  • 興味深く読ませて頂きました。
    坂本選手のことは正直名前しか知りませんでしたが、簡潔に解りやすく纏めてあり、読みやすかったです。
    年末の試合、チャンピオンのKO率も高く苦戦が予想されますが、あの木村選手をして「根性がある」と言わしめたハートに期待したいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。