レジス・プログレイス(アメリカ)WBSS2スーパーライト級参加選手

WBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)シーズン2スーパーライト級トーナメント参加選手のレジス・プログレイスのご紹介です。

WBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)シーズン2スーパーライト級トーナメント参加選手のレジス・プログレイスのご紹介です。

レジス・プログレイス(アメリカ)WBSS2スーパーライト級参加選手

Embed from Getty Images

基本情報 レジス・プログレイス

名前:レジス・プログレイス(Regis Prograis)

愛称: Rougarou (狼男)

身長:173cm

リーチ:170cm

誕生日:1989年1月24日(29歳)

国籍:アメリカ

レジデンス:アメリカ

スタンス:サウスポー

アマチュア歴 レジス・プログレイス

アマチュア歴:
17時にボクシングを始める
2011米国アマチュア選手権準決勝進出

プロ獲得王座 レジス・プログレイス

プロ獲得王座:

NABF北米スーパーライト級ジュニア王座
NABF北米スーパーライト級王座
WBC世界スーパーライト級暫定王座
WBC世界スーパーライト級ダイヤモンド王座

戦歴 レジス・プログレイス

戦歴:24勝20KO無敗(20191026)

2012年にプロに転向デビュー戦。

・WBC世界スーパーライト級暫定王座獲得
2018年3月9日アメリカ,サウスダコタ州デッドウッド元WBA・IBF世界スーパーライト級統一王者でWBC世界スーパーライト級8位のジュリアス・インドンゴとWBC世界スーパーライト級暫定王座決定戦を行い、2回2分54秒TKO勝ちを収め王座獲得。

・初防衛、ダイヤモンド王座を獲得
2018年7月14日、アメリカ,ニューオリンズのレイクフロント・アリーナでファン・ホセ・べラスコとWBC世界スーパーライト級ダイヤモンド王座決定戦で対戦し、8回TKO勝ちを収め、王座防衛を成功、ダイヤモンド王座を獲得した。

・WBSS2スーパーライト級トーナメント1回戦
元WBO世界ライト級王者テリー・フラナガンと対戦し、フラナガンから8ラウンドにダウンを奪い、3-0判定勝利(117-110 | 118-109 | 119-108)。WBSS2スーパーライト級トーナメント準決勝に駒を進めた。

【結果】レジス・プログレイスvs テリー・フラナガン WBSS2スーパーライト級1回戦

【結果・動画】レジス・プログレイスvs テリー・フラナガン WBSS2スーパーライト級1回戦

2018年10月28日

・WBSS準決勝
 WBA王者キリル・レリク(ベルラルーシ)と対戦、圧倒の6ラウンドTKO勝ちを収めWBSS決勝にコマを進めた。

狼vs蜂【結果・ライブ速報】レジス・プログレイスvsキリル・レリク WBSS2スーパーライト級準決勝 2019年4月28日

狼vs蜂【結果・ライブ速報】レジス・プログレイスvsキリル・レリク WBSS2スーパーライト級準決勝 2019年4月28日

2019年4月28日

動画1初世界王座獲得インドンゴ戦 レジス・プログレイス


動画2初防衛戦 レジス・プログレイス

86%のKO率を持つパンチャー、ガードもうまく、愛称の狼男のように獣感が動きに現れる。そしてサウスポー。ボクシングアートではWBSS2スーパーライト級トーナメント優勝候補。

【結果】レジス・プログレイスvs テリー・フラナガン WBSS2スーパーライト級1回戦

【結果・動画】レジス・プログレイスvs テリー・フラナガン WBSS2スーパーライト級1回戦

2018年10月28日
WBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)シーズン2スーパーライト級トーナメント参加選手のレジス・プログレイスのご紹介です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。