三浦隆司と対戦した二人【激闘・結果】ベルチェットvsミゲル・ローマン WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ

三浦隆司と対戦した二人【結果】ベルチェットvsミゲル・ローマン WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ

DAZNボクシング放送予定。DAZNで見れる選手一覧!

 2018年11月3日(現地時間)アメリカ,テキサス州エルパソのアリーナで開催されたWBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ、王者ミゲール・ベルチェット対、指名挑戦者1位ミゲール・ローマンの試合結果をお届けします。 
 またこの二人は元WBC世界スーパーフェザー級王者三浦隆司(帝拳)と対戦した二人でもあるメキシカン対決。


これまでのベルチェットとミゲル・ローマン

これまでのベルチェットとミゲル・ローマンを簡単に紹介します。


これまでのベルチェット

Embed from Getty Images
ミゲール・ベルチェット(メキシコ)35戦34勝30KO1敗、26歳。

・王座獲得
2017年1月28日当時WBC世界スーパーフェザー級王者のフランシスコ・バルガスと対戦し、11回TKO勝ちを収めWBOに続きWBCでの王座獲得に成功した。

・三浦隆司と対戦
2017年7月15日アメリカで、WBC世界スーパーフェザー級1位の三浦隆司と対戦し12回3-0(120-109、119-108、116-111)の判定勝ちを収め、初防衛に成功した。

・直近の試合
2018年6月23日WBC世界フェザー級10位で元WBA世界フェザー級王者のジョナサン・ビクター・バロスと対戦し、3回TKO勝ちを収め、3度目の防衛に成功。

これまでのミゲル・ローマン

ミゲル・ローマン(メキシコ)72戦60勝47KO12敗、32歳。

・三浦隆司と対戦
2017年1月28日アメリカで、フランシスコ・バルガスVSミゲール・ベルチェットの前座で、WBC世界スパーフェザー級1位の三浦隆司とWBC世界スーパーフェザー級挑戦者決定戦を行い、12回53秒KO負けを喫しWBC世界スーパーフェザー級王座への挑戦権獲得に失敗。

三浦隆司に負けて以来、4連勝中、2017年12月9日には世界2階級制覇王者オルランド・サリドに9ラウンドTKO勝ちしている。


試合内容ベルチェットvsミゲル・ローマン

ノーグローブタッチで試合始めるベルチェット

1ラウンド
ベルチェットが積極的に攻めて、ミゲル・ローマンはガードターンがほとんど。ベルチェット飛ばし過ぎでは?と思うくらい攻める
ラスト47秒 ベルチェットがボディパンチに注意?
1-0


2ラウンド
今度はミゲル・ローマンが接近戦を仕掛け、ローマンが優勢の展開、ベルチェット1ラウンドに飛ばしすぎて疲れが見える。

1-1

3ラウンド
互いに疲れが見える。
ベルチェットが中盤からペースを掴み、クリーンヒット連発、ミゲル・ローマン明らかに効いてしまう場面も、互いに12ラウンド戦う気はないペース配分。激闘!
ベルチェット優勢
2-1

4ラウンド

互角のラウンド、ややベルチェットが手数分優勢か
3-1

5ラウンド
ベルチェルトが足を使いアウトボクシング、ローマンがプレスで先手で仕掛ける。手数はローマン。
的確差と連打の見栄えでベルチェットがやや優勢。 ローマンでもいい

4-1

6ラウンド
このラウンドも前半はベルチェルトが足を使いアウトボクシング、中盤、ベルチェットの連打で ローマンがボディが効いてしまい、畳み掛ける連打でローマン、ついにダウン、ベルチェット更にたたみかけローマン2度めのダウン。なんとか立ち上がり試合続行、ローマンなんとかしのぎラウンド終了。

5-1 


7ラウンド
ローマン明らかに疲れとダメージが見える。ローマン足をつかい休む、ベルチェット手数ヒットで優勢

8ラウンド
ローマン序盤前進する。 ベルチェットのパンチは的確にローマンを捉えるが、ローマン倒れず。しかし明らかに 疲れとダメージが見える。

トンプソンと三浦の試合を思い出しました。(とても激闘な試合でした)


9ラウンド
1分58秒ローマンがダウン、また立ち上がり、ベルチェルトが猛攻を仕掛け、やっとレフリーストップ。

ストップシーン 試合内容ベルチェットvsミゲル・ローマン

ストップシーン 試合内容ベルチェットvsミゲル・ローマン

試合結果ベルチェットvsミゲル・ローマン

 互いに序盤からヒートアップの展開に、6ラウンドにベルチェットがミゲル・ローマンから2度ダウン奪い、終わるかと思いきや、ミゲル・ローマンが驚異の粘りを魅せ、9ラウンドに、ベルチェットがミゲル・ローマンから1度ダウン奪った後、ロープ際に連打でまとめるとレフリーが手を振り試合終了となった。王者のミゲール・ベルチェット(メキシコ)が9ラウンドTKO勝ちを収め、WBO世界スーパーフェザー級王座の3度目の防衛を果たし、戦歴を36戦35勝31KO1敗とした。

ベルチェット歓喜 試合結果ベルチェットvsミゲル・ローマン

ベルチェット歓喜 試合結果ベルチェットvsミゲル・ローマン

ストップシーン動画




9ラウンドやっとストップ、6ラウンドで既にローマンは限界だったはず、ミゲル・ローマンがゾンビ化しました。男を魅せたよ。お疲れ様ミゲル・ローマン。 激しい試合でした。




三浦隆司と対戦した二人【結果】ベルチェットvsミゲル・ローマン WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ

コメントを残す