井上尚弥9月9日米国デビュー対戦相手情報、エストラーダ、ロマゴンも同興行出場。

井上尚弥9月9日米国デビュー対戦相手情報、エストラーダ、ロマゴンも同興行出場。

井上尚弥9月9日米国デビュー対戦相手情報、エストラーダ、クアドラス、ロマゴンも同興行出場。

WBO世界スーパーフライ級王者井上尚弥の米国デビューの興行が決まった。エストラーダ、クアドラス、ロマゴンも同興行出場。スーパーフライ級のトップ選手が5人も出場する凄い興行となる。

2017年9月9日「SUPER FLY」
米国@カルフォルニア
主催:K2プロモーション

◯WBO世界Sフライ級タイトルマッチ 12回戦
王者・井上尚弥(大橋)vs 挑戦者:同バンタム級7位・アントニオ・ニエベス(米国)

◯WBC世界Sフライ級タイトルマッチ 12回戦
王者:シーサケット・ソールンビサイ(タイ)vs 挑戦者:同級1位ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)

◯WBC世界Sフライ級挑戦者決定戦 12回戦
同級2位・カルロス・クアドラス(メキシコ)vs 同級3位・ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)

なおHBOが放送する予定とのこと。

テレビ放送

◯wowwow10時から(生)

◯フジ深夜26時25分~(※関東ローカル)
『井上尚弥 in USA 世界戦V6』
WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ 井上尚弥(大橋)VSアントニオ・ニエベス(アメリカ)
<放送>
9月10日(日)深夜26時25分~27時20分 ※関東ローカル
<出演>
【リポート】
八重樫東(大橋 世界3階級制覇王者)、中村アン
【解説】
具志堅用高(元WBA世界ライトフライ級王者)
【ゲスト解説】
村田諒太(帝拳 WBA世界ミドル級1位)
【実況】
立本信吾(フジテレビアナウンサー)

worldboxingnews.netより






 

■アントニオ・ニエベス基本情報

・アメリア出身
・30歳1987年5月25日
・オーソドックス
・WBO世界バンタム級7位
・17勝9K1敗2引分
・身長163、リーチ174
・戦う銀行員
1敗は、直近の試合で、2017年9月9日WBO北米タイトルマッチ、ニコライ・ポタポブ無敗に2-1の判定負け。




◯動画1:直近の試合2017年9月9日ニコライ・ポタポブ戦

 

◯動画2:13戦目の引き分けた試合

試合体重

ほとんどが117ポンド(53キロ)から124ポンド(56キロ)
一度だけ116ポンド(52.6)で試合
明らかにバンタムの選手

 

これまでで一番強い相手かも

さっと映像見た感じだと、スピードもテクニックがあり、あきらかにバンタムの選手、1敗も無敗の選手と僅差の判定負け、アメリカデビューの井上尚弥選手にとって不足のない相手ではないでしょうか?

 

 

コバレフ・・・

井上尚弥9月9日米国デビュー対戦相手情報、エストラーダ、ロマゴンも同興行出場。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。