【速報・動画】A-SIGN.BOXING興行!坂井祥紀vs重田裕紀,佐々木尽,富岡浩介 2020年8月31日

8/31後楽園ホールで開催されている【ファーストレートPRESENTS~A-SIGN.BOXING~興行】の速報をリアルタイムでお伝えしていきます。


【速報・動画】A-SIGN.BOXING興行!坂井祥紀vs重田裕紀,佐々木尽,富岡浩介 2020年8月31日

■カード一覧
・坂井祥紀vs重田裕紀※メイン
・佐々木尽vs赤岩俊
・谷口彪賀vs龍神 佳輝
・鯉渕健vs山口拓也
・牛島龍吾vs大保龍球
・富岡浩介vs原翔太

1試合目 富岡浩介 vs 原翔太


1ラウンド
ジャブからプレスを掛ける富岡浩介。
原翔太が攻撃すると富岡の左ストレートのカウンター。

富岡ペース


2ラウンド
原はボディ狙い。富岡がプレスを掛け、中盤ワンツーでロープに追い込む。
最後、攻撃してこない原に対して富岡が攻撃してこいとアピール。
富岡ペース
原も距離感よくガードが硬いのでそこまでもらわない

3ラウンド
富岡がプレスを掛け、原の攻撃に富岡がカウンターで連打を返す。
富岡がカウンターのアッパーフックがヒット。
終盤に富岡の左フックがヒット。
富岡ペース


4ラウンド
富岡がスピードのある連打ペース。原は後手に回りなにも出来ず

結果:富岡浩介が3-0(40-36×3)判定勝ち
どのパンチでもカウンター返せる、もう少しパワーがほしいですが。元世界王者の佐藤洋太選手級のスペード身体能力ある。今後期待。


2試合目 牛島龍吾vs大保龍球

フェザー級6回戦。


1ラウンド
40秒過ぎ大保が右ストレートでダウンを奪う。牛島立ち上がり試合続行。
最後20秒大保がフックの連打で攻め立てたところカウンターの左でダウンを奪う。試合続行。

互いにダウン奪い五分の展開。
2ラウンド
前半、大保が手数連打で前に。牛島は下がりながら右を狙う。
後半、中間距離の打ち合いに。最後の第後に、牛島の右ストレートのカウンターでダウンを奪う。大保立ち上がり試合続行。


3ラウンド
牛島がジャブや左フックでペースを掴む。
最後大保が細かい連打で攻め立てる。
牛島のペース。
4ラウンド
序盤、大保が先手で攻め立てる。
牛島が鼻血。
的確に牛島が右ストレートをヒットさせる。
手数ヒットで大保がやや優位。

5ラウンド
大保が上下連打で攻める、牛島はフックとアッパーで応戦。
牛島は疲れが見えるクリンチが多くなる。
手数ヒットで大保がやや優位。
6ラウンド
大保が細かい連打。牛島の右ストレート。

結果:牛島龍吾が2度ダウンを奪い3-0判定勝ち


3試合目 鯉渕健vs山口拓也

山口拓也選手は投げ銭で77万!動画がバズりました。是非見てくだい
山口拓也(ワールド日立ジム)17戦4勝(2KO)11敗(4KO)2分
鯉渕健(横浜光)9戦5勝(4KO)4敗


1ラウンド
いきなり接近戦、体の大きい鯉渕が押し込みボディ。
山口が大きなフック。鯉渕が接近してアッパーがヒット。
終盤接近して打ち合いに。山口はボディ。
ヒット数で鯉渕ペース

2ラウンド
13秒すぎ鯉渕のパンチで山口がダウン。
鯉渕たたみかけ山口ダウン、立ち上がるがレフリーストップ。


結果:鯉渕健が2度ダウンを奪い2ラウンド1分0秒TKO勝利。

4試合目 谷口彪賀vs龍神佳輝

63kg契約6回戦
・谷口彪賀(八王子中屋)7戦3勝(1KO)2敗2分,2019全日本Sフェザー級新人王
・龍神佳輝(ワタナベ)11戦4勝6敗1分

1ラウンド
前半、谷口サウスポーがジャブから左ストレート。龍神が下がりながら様子見。
後半、龍神がまわりながら右ストレート、ボディストレート。
落ち着いた展開やや谷口


2ラウンド
谷口がジャブでジリジリ前に、龍神が足を使いまわる。龍神はボディ。
最後カウンターで谷口のアッパーフックがヒット。
谷口ペース
3ラウンド
谷口の左ストレートがヒットしペースを掴む。

4・5ラウンド
谷口がジャブから左ストレートでペースを掴む。
龍神は攻めきれない。

6ラウンド
龍神が接近してボディやフックで攻め立てるが谷口がしっかりガード。


結果:谷口彪賀が3-0判定勝利。

5試合目 佐々木尽vs赤岩俊

Sライト級6回戦
・佐々木尽(八王子中屋)7戦7勝(6KO)
・赤岩俊(マナベ)日本スーパーライト級14位

赤岩俊は前の試合で無敗の遠藤健太(帝拳)に逆転のカウンターでKO勝ちを収め日本ランキング入り。

1ラウンド
開始32秒で佐々木尽の左フックが炸裂!赤岩がダウン、レフリーがストップ。



結果:佐々木尽が1ラウンド45秒KO勝ち!

このパワーは凄い。まだ高校生、今後楽しみ。


【発表】11/5伊藤雅雪vs三代大訓 

【勝敗予想】元世界王者 伊藤雅雪 vs OPBF王者 三代大訓

View Results

Loading ... Loading ...
・関連:他の勝敗予想の結果を見る!『総投票数:3万』


【メイン】坂井祥紀vs重田裕紀 

■ウェルター級8回戦
・坂井祥紀(横浜光)メキシコ(ナチョジム)でデビューから試合を行ってきたメキシカン日本人。※海外でダウンなし。
・重田裕紀(ワタナベ)17年度全日本ウェルター級新人王、日本7位。


1ラウンド
重田はサウスポー、ジャブからボディ。
坂井が中盤、右ショートで攻め立てる。
終盤、重田が接近戦でアッパーグック。
重田がやや優位。


2ラウンド
坂井ガードを固め前に、ボデぃ狙い。
重田ジャブから左ストレート、接近してボディ。
坂井はて数少なく後手に回る。
重田は独特のリズムでパンチをだすのでやりづらいタイプ。

3ラウンド
序盤、坂井が連打でロープに追い込み連打。
中盤から、坂井の距離になりワンツーにジャブがヒット。
坂井が優位のラウンド。


4ラウンド
序盤、クリンチからアッパーフックを隙間から当てていく。
重田つかれが見える。
中盤から接近戦が続き、坂井が攻め立てる。重田もワンツーで返す。
坂井が優位のラウンド。

5ラウンド
序盤、バッティングで試合中断。
坂井ガードを固め前に、接近してアッパーフック、ボディ。坂井は下がらない。
坂井が優位のラウンド。

6ラウンド
坂井ガードを固め前に、接近してアッパーフック連打、重田もパワーフックを返すが、倍以上の連打が帰ってくる。
坂井が優位のラウンド。
7ラウンド
坂井がガードを固め距離を詰め、フックアッパーの連打。


結果:坂井祥紀3-0(78-74×3)判定勝利


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。