ボンバー三浦隆司『趣味は野菜作り、ロマvsロペス戦についても』オンライントークショー

 元世界王者の木村悠氏が運営する「オンラインジム」開催された元WBC世界Sフェザー級王者三浦隆司氏のオンライントークショーに参加したので内容紹介します。


 引退して3年、秋田市の秋田県スポーツ科学センターで小中高生を対象にしたボクシング教室で指導を行っている。

■木村悠氏が運営する「オンラインジム」
元ボクシング世界チャンピオン木村悠による、会員制コミュニティサロン。「ボクシングファン同士の交流」や「ボクサーの活躍の場を増やす事を目的」とし、定期的な交流会や観戦会、体験会を開催。
・11月には亀海喜寛さんのレッスンあり

ボンバー三浦隆司『趣味は野菜作り、ロマvsロペス戦についても』オンライントークショー

思い出に残っている試合

1番は世界とった試合ガマリエル・ディアス
ベルチェルトはうまかった。
バルガスは打ち合いの強さを感じた!
トンプソンのジャブが強かった。

メンタルトレーニング本に集中しすぎて

2012年10月の試合でメンタルトレーニング本に集中しすぎて降りる駅を間違え入時間が大幅に遅れてしまったがメンタルトレーニングのおかげで短時間で集中して1ラウンドKOで勝利をすることができた。

本:高畑 好秀さんのメンタルトレーニング本


内山高志氏は拳が硬かった

内山戦が決まったが出稽古で内山さんとスパーリングやったことがあり嬉しくはなかった。
内山さんは拳が硬く技術が高かった。
内山さんからダウン奪ったのにダメージが有るかどうか分からなかった。普段はわかるのに。

減量は10kg

減量は10kg落とす。
最後の試合は、1週間飲まず食わずで大変だった。


ロマチェンコvsロペスの試合について

ダイジェストしか見てないが体格差が出た試合。
リナレス戦のダウンがあったので前半慎重だったのもあると思う。

またロマチェンコと対戦するなら一発狙いしかないです!


アマチュア時代『粟生隆寛』はスターだった

アマチュア時代に同じ帝拳の『粟生隆寛』はアマチュア時代に史上初のアマチュア高校6冠を達成していて、スター的存在だった。ライト級でやっていたが階級落としても対戦したい選手だった。


村田諒太の印象

同じジムの現WBAミドル級王者村田諒太の印象
場の空気を良くしてくれる存在。ムードメーカー!!

ボクシング以外の趣味はなんと・・・

ボクシング以外の趣味は野菜を育てること。
最近かぼちゃを作った。


■木村悠氏が運営する「オンラインジム」
元ボクシング世界チャンピオン木村悠による、会員制コミュニティサロン。「ボクシングファン同士の交流」や「ボクサーの活躍の場を増やす事を目的」とし、定期的な交流会や観戦会、体験会を開催。
・11月には亀海喜寛さんのレッスンあり


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。