驚異の戦績キャリア【ノニト・ドネア】

WBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)シーズン2バンタム級トーナメント参加選手のノニト・ドネア(フィリピン)驚異の戦績キャリアご紹介です。


歴史が動く!【結果・速報】井上尚弥vsドネア WBSSバンタム級決勝 2019年11月7日

2019年11月7日
・世界5階級制覇王者※達成者は7人しかいない
・アジア人として初めて主要4団体全てで世界王者となった
・世界戦だけで戦績21戦
・18年のプロキャリア
・カウンターのスペシャリスト

驚異の戦績【ノニト・ドネア】

Embed from Getty Images

基本情報 ノニト・ドネア

名前:ノニト・ドネア(Nonito Donaire)
身長:170cm
リーチ:174cm
誕生日:1982年11月16日(36歳※20191107時点)
国籍:フィリピン
レジデンス:フィリピン
スタンス:オーソドックス※過去にはスイッチしている試合も


獲得王座 ノニト・ドネア

獲得王座:
IBF世界フライ級王座
WBA世界スーパーフライ級暫定王座
WBC世界バンタム級王座
WBO世界バンタム級王座
WBO世界スーパーバンタム級王座
IBF世界スーパーバンタム級王座
WBC世界スーパーバンタム級ダイヤモンド王座
WBA世界フェザー級スーパー王座
WBO世界スーパーバンタム級王座
WBC世界フェザー級シルバー王座
WBA世界バンタム級スーパー王座

アマチュア歴 ノニト・ドネア

アマチュア歴:68戦8敗
・2000年米国ナショナルライトフライ級チャンピオン
・2000年米国オリンピックトライアルライトフライ級ファイナリスト


戦歴 ノニト・ドネア

戦歴:45戦40勝(26KO) 5敗

初の王座獲得:IBF世界フライ級タイトル獲得

 2007年7月7日アメリカでサウスポーの強打者IBF・IBO世界フライ級王者ビック・ダルチニアンと対戦し、フライ級で世界最強との呼び声が高かったダルチニアンのオッズ7対1で圧倒的有利が予想されていたが、5回強烈なカウンターの左フックで王者がダウン、TKO勝利で王座を獲得した。


2階級制覇(暫定王座):強打者コンセプシオンを完封

 2009年8月15日、アメリカで1階級上のWBA世界バンタム級13位のラファエル・コンセプシオン(パナマ)とWBA世界スーパーフライ級暫定王座決定戦を行い、12回3-0(117-111、116-112、115-113)の判定勝利を収め王座獲得に成功し2階級制覇に達成。

3階級制覇:長谷川穂積を倒したモンティエルをTKO

Embed from Getty Images
 ドネアは、WBCバンタム級王座を11度防衛した日本のレジェンド『長谷川穂積』から王座を奪ったモンティエルにTKO勝利!
 2011年2月19日、アメリカでWBC・WBO世界バンタム級統一王者フェルナンド・モンティエル(メキシコ)に挑戦し、2ラウンド強烈なカウンターの左フックでダウンを奪う、立ち上がった王者に再度左フックを決めたところでレフェリーストップ。2分25秒TKO勝ちで王座奪取に成功し3階級制覇に達成。
 

2013年4月WBA王者ギジェルモ・リゴンドーと王座統一戦を行い、10回にダウンを奪うがポイントアウトされ判定負け。Embed from Getty Images

4階級制覇:スーパーバンタム級西岡利晃やアルセを倒す

Embed from Getty Images
 2012年2月にウィルフレド・バスケス・ジュニアと王座決定戦を行い判定2-1で王座獲得し、4階級制覇に達成。
 2012年10月WBC王者西岡利晃と対戦し9回TKO勝利。

5階級制覇:フェザー級

2014年5月マカオで、WBA世界フェザー級スーパー王者シンピウィ・ベトイェカ(南アフリカ)と対戦し5回3-0(3者ともに49-46)の負傷判定勝ちを収めWBAスーパー王座の獲得に成功し、5階級制覇(暫定王座を含む)を達成した。
 

情報:WIKI


世界戦の戦績21戦

世界戦(世界タイトルマッチ)の戦績だけで21戦17勝4敗。

ハイライト動画 ノニト・ドネア



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。