【結果】マチャドvsメンサー WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ

【結果】マチャドvsメンサー WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッ

 7月21日(現地時間)アメリカ,ロサンゼルス、ハードロック・ホテル・アンド・カジノで開催されたWBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ、王者のアルベルト・マチャド(プエルトリコ)対、同級1位ラファエル・メンサー(ガーナ)の試合結果をお届けします。



 またこの試合はWBO世界スーパーウェルター級タイトルマッチ、王者ハイメ・ムンギアvs 1位リーアム・スミスの同興行で行われた。
 アルベルト・マチャドは2017年10月21日に ジェスレル・コラレスから王座を獲得している。また当時ジェスレル・コラレスは日本の内山高志(ワタナベ)から王座を獲得している。

試合内容 マチャドvsメンサー

互いにサウスポー、身長はマチャドが少し高い。



1ラウンド
互いにジャブを付き合い、お手本のような試合運び
からワンツーの連打につなげる
ラウンド最後に、マチャドの右フックが メンサーの顎を捉え、メンサーダウン。立ち上がったが明らかに効いているゴングに救われる。

2ラウンド・3ラウンド
マチャドがジャブからワンツー手数でメンサーを押す展開、メンサーは手数が減ってしまった。メンサーは下がってしまう。

4ラウンド
マチャドの展開変わらず。ラウンド終盤、マチャドがメンサーをロープに追い込み連打で畳み掛ける、メンサー効いてしまうがゴングに救われる。



5ラウンド
マチャドのパンチがメンサーを何度も捉えるが、なんとかガードで凌ぐメンサー。メンサー明らかに消耗して顔(頬)が腫れている。時間の問題になってきたが、マチャドは意外にもそこまでパンチがないのかもしれない。

6ラウンド・7ラウンド・8ラウンド・9ラウンド
マチャド疲れたのか、ジャブを多用し不要に攻めない。メンサー後手に回り手数が出ない。



10ラウンド・11ラウンド・12ラウンド
マチャドのいいパンチが当たるが、メンサーも返し、手数有効打ではマチャド。

試合結果 マチャドvsメンサー

【結果】マチャドvsメンサー WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
王者マチャドが、12ラウンド判定勝ち(120-107×3)WBA王座の2度目の防衛に成功した。

パンチデータ マチャドvsメンサー

圧倒的なヒット数なんですが、仕留めきれなかった

パンチデータ:マチャドvsメンサー

パンチデータ:マチャドvsメンサー

【結果】ムンギアvsスミス WBO世界スーパーウェルター級タイトルマッチ 

2018.07.22
【結果】マチャドvsメンサー WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッ

コメントを残す