【結果】田口良一vsヘッキー・ブドラー WBA世界スーパー・IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ 2018年5月20日

2018年5月20日、大田区総合体育館でWBA(スーパー)世界IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ、王者:田口良一選手、対元WBA世界ミニマム級スーパー王者でIBF世界ライトフライ級6位のヘッキー・ブドラーと対戦結果をお届けします。



試合内容 田口良一vsヘッキー・ブドラー

体の大きさは明らかに田口、ブドラーは小さいが手が長い。ガード



1ラウンド
サークリングしながらジャブを放つ田口、田口のジャブに連打を返すブドラーの展開でスタート。

ブドラー手数ヒット共に多い



2・3ラウンド
接近戦が増える。田口の一発の返しに倍は連打を返す。
ブドラー手数ヒット共に多い。

4ラウンド
ラウンド後半ブドラーのボディ攻めでロープに追い詰められる田口。

5ラウンド
ブドラーの連打手数が冴え渡る。

6ラウンド
ブドラー疲れが見える。接近戦で田口が手数で押す場面が多い。田口の手数 ヒット数が目立った。

7ラウンド
田口か手数で接近戦をパワーで押す展開。
ブドラー疲れて気味。



8・9・10・11ラウンド
8ラウンドからブドラー盛り返し。明らかなブドラーラウンド。9・10・11は際どいラウンドもあったがあきらかに、田口というラウンドなし
接近した際ブドラー細かい動きサイドに動かれてしまいガードも硬く隙がない。

12ラウンド
前半に田口の左フックがブドラーの顎に直撃し、ダウン(スリップとライブではなっていたが、後からダウンになったとか)、明らかに効いている、倒しに行く田口、終盤ブドラーが反撃し始め、ゴングが鳴る。

試合結果・勝敗 田口良一vsヘッキー・ブドラー

試合結果・勝敗は、挑戦者のヘッキー・ブドラーが3-0の判定勝ち(114-113*3)を収め、WBAスーパー・IBF王座の獲得した。勝利したブドラーは戦歴を32勝10KO3敗とした。そして、南アフリカのボクサーで5人目となる2階級制覇を達成、リングマガジン王座も獲得した。
田口良一はWBA王座は8度目の防衛とIBF初防衛に失敗、戦歴を27勝12KO3敗2分とした。

試合後コメント田口良一

「もうちょっと最初からペースを握れると思っていたけど(体が)動かなかった。先手を取ろうと思っていたのに先手を取られてしまった」

試合後コメント田口良一トレーナー石原氏

「あんなに足が動かない田口は初めてですね。動けないという意味では30戦のキャリアで最悪でした」

世界戦数14回経験のブドラーの明らかな勝ちでした。田口の動きが序盤からものすごく悪い感じでした。減量苦?調整失敗?ブドラーいい選手でした。
見間違いかと思いますが、ブドラー選手2ラウンド目あたり肘で左右のフック繰り出していたように見えました。

Rate this post

2 件のコメント

  • 3Rでは明らかに肘打ちかましてますよね。スローで見ましたが、手を抱え込んで膝を出してるように見えます。。。それを抜きにしても手数も多かったですし強かったですが。

    • hitosh-itさん コメントありがとうございます。 
      やっぱり見えましたか、いろんなスキル持ち合わせていて強かったですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。