ロマチェンコと戦う準備ができている【結果・ライブ速報】デビン・ハニー(ヘイニー)vsザウル・アブドゥラエフ  2019年9月14日

 2019年9月14日アメリカ・ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで開催されているWBCライト級暫定王座決定戦、WBC2位無敗デビン・ハニー(アメリカ)vs.WBC3位無敗ザウル・アブドゥラエフ(ロシア)の試合結果・内容・勝敗をライブでお届けします。

・ハニーは正規王者のロマチェンコに対し戦う準備ができているとコメントしている!!暫定王者となれば対戦義務があるが、ロマチェンコは格上げでフランチャイズ王者になると予想されている。
・20歳メイウェザー2世ハニー
・ハニーは次戦がすでに11/9(日本10日)に予定している。


ロマチェンコと戦う準備ができている【結果・ライブ速報】デビン・ハニーvsザウル・アブドゥラエフ  2019年9月14日

【選手情報】デビン・ハニー(ヘイニー)vsザウル・アブドゥラエフ

デビン・ハニー(ヘイニー)

Embed from Getty Images
 元メイウェザープロモーション所属(現マッチルームプロモーション)のライト級プロスペクト、フロイド・メイウェザー・ジュニアの再来とも呼ばれる逸材と言われている。

 ボクシングマネージャーである彼の父親(ウィリアム・ヘイニー)と小さい頃からボクシングを始めた。オークランド出身のヘイニーは、ボクシングのキャリアを重視するために7歳のときにラスベガスに引っ越しました。7つの全国ジュニアアマチュアタイトルを獲得。アマチュア戦績は130勝8敗。16歳でメイウェザープロモーションでプロに転向。アメリカでプロボクシングをするには若すぎると考えられていたので、メキシコ中心に試合を行い経験を積み、連勝街道を突っ走る。

選手データ
20歳
22勝14KO無敗
身長175cm
リーチ182cm
オーソドックス
 

メイウェザー2世ハニー実力は?【結果・動画】デビン・ハニーvsソリサニ・ンドンゲニ「ライト級プロスペクト無敗対決」

2019.01.12

ザウル・アブドゥラエフ

ザウル・アブドゥラエフ選手データ

25歳
11勝7KO無敗(前試合ロシアで試合している)
身長175cm
リーチ180cm
オーソドックス

 

【試合内容】デビン・ハニー(ヘイニー)vsザウル・アブドゥラエフ


試合前。そろそろ始まります。

1ラウンド
前半、アブドゥラエフがガードキッチリで前に、ハニーが下がりながら素早いパンチでジャブからワンツー。アブドゥラエフはガード中心。
後半、ハニーがジャブをヒット積み重ねる。アブドゥラエフは前に出てフック系の連打。アブドゥラエフはハニーのスピードについていけない。しかしきっちりガードで大きなヒットは許していない。
明確にハニー優位なラウンド。

2ラウンド
前半、ハニーがジャブを出しながらカウンターの右ストレートを狙う。後半、ハニーが打ち終わりにアッパーフック。とにかくジャブでハニーの距離を維持。
手数ヒットともにハニー。
スピードについていけないアブドゥラエフ。


3ラウンド
ハニー、左フックに左ボディ。ジャブからアッパー。カウンターの右クロス。右ストレートに左フック。圧倒的にハニーが支配。
ハニーがどう仕留めるかだけになっている状況。

4ラウンド
圧倒的にハニーが支配。
ラウンド終了後にアブドゥラエフがコーナーに戻るやいなや首を振りギブアップした。


【試合結果・勝敗】デビン・ハニー(ヘイニー)vsザウル・アブドゥラエフ


 2019年9月14日アメリカで開催されてたWBCライト級暫定王座決定戦、WBC2位無敗デビン・ハニー(ヘイニー)vsWBC3位無敗ザウル・アブドゥラエフの試合結果・勝敗は、ハニーが初回から圧倒的スピードでヒットを積み重ね4ラウンド終了後血だらけのアブドゥラエフはギブアップで、デビン・ハニーが4ラウンドRTD勝利を収め、WBC世界ライト級暫定王座を獲得、初防衛戦は11/9(日本10日)にサンダースDAZN初登場の興行に予定されている。正規王者はロマチェンコ、ロマチェンコに対し戦う準備ができているとコメントしている!!暫定王者となれば対戦義務があるが、ロマチェンコは格上げでフランチャイズ王者になると予想されている。

【限定】『Hi-TechⅡ』 Tシャツ

■限定で即完売したHi-Tech(ハイテク)Tシャツの第二弾。
オリンピック2連覇を果たし、プロ世界最速の3階級制覇王者の通称Hi-Tech(ハイテク)Tシャツ第二弾。

限定枚数残りわずか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。