井上尚弥、WBO世界S.F級ランキングを物色!

BOXISART管理人@BOXISARTです。

 現WBO世界スーパーフライ級王者井上尚弥は、2017年12月30日横浜文化体育館でWBO世界スーパーフライ級6位のヨアン・ボワイヨ(フランス)と対戦し、3回1分40秒TKO勝ちを収めWBO世界スーパーフライ級王座の7度目の防衛に成功した。次戦ではバンタム級に転級することが報道されている。wiki
 まだ返上していないことから可能性としてはV8の可能性も、王者返上した場合の王者候補もチェックしてみました。



WBO世界S.F級ランキング2018年1月



1位レックス・チョー(中国)
・「ボクシング不毛の街」といわれた香港のプロボクサー第1号
・22戦22勝13KO
・WBOインターナショナルスーパーフライ級王座防衛2
・最後の試合は2017年10月07日河野 公平(ワタナベ)に判定勝ち
・トップランクとの契約がどうなったのか気になる所

2位アストン・パリクテ(フィリピン)
・26戦24勝20KO2敗
・2016年12月17日アメリカで無敗のホープ オスカー・キャントゥ(アメリカ)に判定勝ちし、WBOインターコンチネンタルタイトル・NABF北米タイトルを獲得。
・4連勝中



3位ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)
・ニカラグア人初の世界4階級制覇王者
・2017年9月9日スタブハブ・センターで行われた「SUPER FLY」でWBC世界スーパーフライ級王者のシーサケット・ソー・ルンヴィサイと6ヵ月ぶりに再戦し、4回1分18秒KO負けを喫し王座返り咲きに失敗したのが最後の試合。

4位フェリペ・オルクタ(メキシコ)
・世界有数の名トレーナー イグナシオ・ベリスタインとコンビを組んでいる
・39戦35勝29KO4敗
・4連勝4連続KO中

5位ホセ・マルティネス(プエルトリコ)
・21勝20勝13KO
・2018年3月24日地元で試合予定
最新試合動画

6位カルロス・クアドラス(メキシコ)
・元WBC世界スーパーフライ級王者
・2017年9月9スタブハブ・センター・テニスコートで行われた「SUPER FLY」にて、元WBA・WBO世界フライ級スーパー王者でWBC世界スーパーフライ級3位のファン・フランシスコ・エストラーダとWBC世界スーパーフライ級挑戦権決定戦を行い、12回0-3(3者共113-114)の判定負けを喫しWBC世界スーパーフライ級王座への挑戦権獲得に失敗した。

7位江藤 光喜(白井・具志堅)
・6位のクアドラスに王者挑戦して負けて以来、4連勝中

8位ジョナス・スルタン(フィリピン)
・世界2階級制覇王者ジョンリル・カシメロに2017年9月16日IBF世界スーパーフライ級挑戦者決定戦を行い、12回3-0で判定勝ちを収めた。
・IBF世界スーパーフライ級挑戦権を保持。現在王者はジェルウィン・アンカハス(フィリピン)
・17戦14勝9KO3敗

9位オーレードン・ クラティンデーンジム(タイ)
井岡一翔に負けて以来、コンスタントに試合を行い35連勝中

10位ファン・ホセ・フラド(アルゼンチン)
17戦14勝1KO3分

20180209付データ

http://boxrec.com/

返上した場合チョーやロマゴン中心に動くと推測。

7 件のコメント

  • 昔は中南米のボクサ-が脅威でしたがパッキャオ・ドネアが出てからフィリピン人ボクサ-が気になっています。アンカハスは井上と同等か上かも。

    • おなじくアンカハスとても気になります。シーサケットにも勝ってしまいそう。168cmあるので減量がどんな感じなのか気になります。

  • コメントを残す