元世界王者ライアン・バーネットが引退

 


元世界王者ライアン・バーネットが引退

 元バンタム級世界王者ライアン・バーネット(イギリス)がマネージメントするMTKより引退を発表した。
 バーネットは過去数年間、トレーニング中に負傷した怪我に悩まされ、自分の健康と幸福を優先することを決断し引退することを決断。※怪我の内容は公開されていない
 


バーネットのコメント

「私は子供時代の夢を達成し、将来の健康を確保しました。MTK Global、Top Rank、Sky Sports、Matchroom Boxingのすべての人に、戦闘機としての可能性を実現する機会を与えてくれたことに感謝します。」

  


バーネットを振り返る

・WBSS参加、トップランク契約

(Photo by Mark Runnacles/Getty Images)

井上尚弥が参加しているWBSSシーズン2バンタム級トーナメントに参戦し初戦2018年11月3日5階級制覇王者ノニト・ドネアと対戦し試合中に右側の腹斜筋を痛めてしまい棄権を申し出た為、4回終了TKO負けを喫しWBA世界バンタム級スーパー王座2度目の防衛に失敗し王座から陥落した。この試合が初黒となった。
 最後の試合は、トップランクと契約し階級を上げ2019年5月ジェルビルト・ゴメラ(フィリピン) 14勝5敗に、6ラウンドTKO勝利を収めたばかりだった。

ライアン・バーネット怪我の状態。WBSSドネア戦

2018.11.09

・王座獲得

(Photo by Charles McQuillan/Getty Images)

2017年6月に当時王者だったIBF世界バンタム級王者のリー・ハスキンス(岩佐に勝利した曲者)と対戦し3-0( 119-107 | 119-107 | 118-108)大差判定勝利を収め初の世界王座獲得した。
 


・WBAスーパーとIBF王座統一

(Photo by Charles McQuillan/Getty Images)

2017年10月に、当時WBA世界バンタム級スーパー王者のザナト・ザキヤノフと王座統一戦を行い、12回3-0(118-110、119-109、116-112)の判定勝ちを収めWBAスーパー・IBFの王座統一に成功した。

 


ドネア戦の怪我も少なからず影響しているのかと思いました。
お疲れさまでした。

【限定】『Hi-TechⅡ』 Tシャツ

■限定で即完売したHi-Tech(ハイテク)Tシャツの第二弾。
オリンピック2連覇を果たし、プロ世界最速の3階級制覇王者の通称Hi-Tech(ハイテク)Tシャツ第二弾。

限定枚数残りわずか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。