まさかのブタエフが【結果】ブタエフvsスタニオニス WBAウェルター級正規王座戦

【結果】ブタエフvsスタニオニス WBAウェルター級正規王座戦

試合結果

 2022年4月17日(日本時間)スペンスvsウガスのショータイム興行のアンダーで開催されたWBA世界ウェルター級レギュラータイトル戦、王者ラジャブ・ブタエフ(ロシア)vs無敗エイマンタス・スタニオニス(リトアニア)の試合結果は、前に出て手数ブタエフに、スタニオニスが下がりながらカウンター、ジャブ、接近してアッパー、的確にヒットを積み重ねたスタニオニスが2-1(113-114 | 116-111 | 117-110)判定勝利で新王者!勝利したスタニオニスは戦績を14勝9KO無敗とした。
 
 スタニオニスは眉カットで出血、目の周りが青くなり、激闘となった試合。

 SNSでも海外記者の途中採点も割れに割れてました。

 元ESPN記者ダン・ラファエル氏は『判定するのは難しい戦い。すべてのラウンドが近いです』とコメントするほどの試合
 

 PBC系の選手なので、ウガス、スペンス、サーマン、ジャロン・エニス、クロウリー、クロフォード?と戦う可能性あり!

 キレのあるパンチ、カウンター、フィジカル型ブタエフと接近戦も押し負けない場面も、今後楽しみです!

試合内容

1R 
ブタエフがジリジリ前に上からボディ中心、スタニオニス下がりながらしっかりガード、ロングジャブ。
手数ヒットでブタエフ

2R
序盤から接近戦、スタニオニスがアッパーボディフック、ブタエフも返す。
ブタエフ、ジャブからワンツー、フックを引っ掛ける。やや手数が多い。
スタニオニスはアッパー印象的。
ややブタエフ

5R
接近してスタニオニスのアッパーヒット。
中盤ブタエフが状態を振りながら前に。
最後スタニオニスのフックの連打
スタニオニス優位

6R
序盤、ブタエフがアッパーフック、スタニオニス下がりながら右ストレート、ボディ。スタニオニスが出血(眉カット)
的確なパンチでスタニオニス、手数ブタエフ
ややスタニオニス

7R
中間距離から接近距離、互いに手数ボディからフック
五分の展開

8R
ややブタエフが手数ヒットで優位か

9R
ブタエフがジャブを多様、距離を少し取る戦法
スタニオニスの右クロス

ポイント的にはスタニオニスだが、両目まわり青いダメージあるのはスタニオニス
ブタエフが異常に打たれ強い可能性も

10R
ブタエフがリズミカルに軽いパンチを多様
手数ブタエフ、的確なパンチがスタニオニス

10R
スタニオニスが的確にヒットを集める
ブタエフはもらっても前に。効いてる感じがしない

11R12R
ブタエフが押さえつけた?マイナス1ポイント
ブタエフが前に、スタニオニスがさがりながら的確にヒットを

中盤まで一進一退の展開どちらにポイントを振ってもいい。ブタエフが手数で前に、スタニオニスがキレのあるパンチで的確にカウンターをヒット。

パンチデータ

スタニオニスが37% しっかりヒットさせてました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。