『未来の俺vsかつての俺』【結果・速報・動画】ガーボンタ・デービスvs38歳ガンボア 2019年12月29日

 2019年12月29日アメリカジョージア州アトランタで開催されているWBA世界ライト級正規王座決定戦、1位ガーボンタ・デービスvs2位ユリオルキス・ガンボアの試合結果・内容・勝敗をライブでお届けします。

・前日計量ではデービスが2回目時間延長で計量をクリア
・フェイスオフではデービスが手を出し乱闘騒ぎに


・オッズはデービス1vsガンボア8、デービスが優位に
・ファイトスタイルがにている2人、確かな技術に倒せるパンチを兼ね備えプライベートで色々問題があり、25歳のデービスの将来はガンボアのように?38歳ガンボアにとってかつての俺デービス?とにかく倒せるパンチを持った二人の試合に注目です。

・デービスが3度ダウンを奪う
・ガンボアは2ラウンドにダウンした際に右アキレス腱を断裂していた


『未来の俺vsかつての俺』【結果・速報・動画】ガーボンタ・デービスvs38歳ガンボア 2019年12月29日

【試合内容】デービスvsガンボア

 ファイトスタイルがにている2人、確かな技術に倒せるパンチを兼ね備えプライベートで色々問題があり、25歳のデービスの将来はガンボアのように?38歳ガンボアにとってかつての俺デービス?とにかく倒せるパンチを持った二人の試合に注目です。

WBAライト級2位ガンボア

 38歳ガンボア、五輪金メダリストで世界3階級制覇王者(暫定含む)、2014年6月にテレンス・クロフォードに負けてから7勝1敗、ドーピング疑惑や家庭内暴力やプロモーション契約関連のトラブルやトレーナーが逮捕され試合中止になったりと、クロフォード戦から世界戦にたどり着くことがなかったが、2019年2月、アル・ヘイモンと契約し2019年7月27日に元世界王者のローマン・マルチネスを2ラウンドKO勝ちを収め、今回の決定戦となる。情報:WIKI

WBAライト級1位デービス

 25歳デービスは階級アップの為2019年9月にWBA世界スーパーフェザー級スーパー王座を返上、22勝21KO無敗で2階級を目指す。
情報:WIKI

【試合内容】デービスvsガンボア


 元世界王者のウスカテギが1ラウンドにダウンを奪われ、巧みなアウトボクシングを展開するライオネル・トンプソンが判定勝利を収めた。
次の試合はWBAライトヘビー級タイトルマッチ『パスカルvsジャック』

【結果・ライブ速報】37歳ジャン・パスカルvs36歳バドゥ・ジャック 2019年12月29日

2019.12.29
『パスカルvsジャック』の試合が終わり、いよいよ。

ガンボアが入場

ガンボアが入場

デービス入場!

デービス入場!


デービス当日体重66.22kg ライト級リミットは61.23 kg

デービス当日体重66.22kg ライト級リミットは61.23 kg


1ラウンド
サウスポーのデービス、ガンボアはオーソドックス。
距離が互いに遠い落ち着いた展開。
中盤、デービスがやや前に、ロープ際で連打を放つ。
ガンボアは様子見。
フットワークやパンチスピードは互角。
手数が多かったデービスが優位に。

2ラウンド
序盤フェイントの掛け合いで落ち着いた展開に。
残り1分43秒デービスの連打の中の左フックでガンボアがダウン。そこまで効いていない感じ。ガンボアは立ち上がり試合続行。
デービスは仕留めに行くが、ガンボアは凌ぐ。
デービスがダウンを奪い優位に。


3ラウンド
デービスがジリジリ前に、さがりながらガンボアはカウンターを狙う。
手数少ないフェイントの掛け合いから、最後デービスが有効打を当てる。

4ラウンド
デービスがジリジリ前に、さがりながらガンボアはカウンターを狙う展開は変わらず。
デービスが左ストレート中心に積極的に攻める。ガンボアはかなりディフェンシブ。

5ラウンド
序盤、ガンボアが連打を仕掛ける。
中盤、ガードを上げ接近戦でデービスがアッパーをクリーンヒット。
デービスがプレスを強め、接近戦を仕掛ける。ガンボアは下がりながら応戦するが、結構被弾している。

ガンボアのダメージは蓄積。デービスはほぼノーダメージ状態。
src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”>

6ラウンド
デービスがジリジリ前に、ガンボアはディフェンスでいっぱい。
山場はそれほどなかったが、デービスが積極的に攻め優位に。
src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”>

7ラウンド
ガンボアも手数が出る。
8ラウンド
最後20秒デービスが左フックでダウンを奪う。ガンボアは立あがり試合続行

9ラウンド
序盤から打ち合いにデービスが的確にパンチを当てていく。ガンボアのクリンチが多い。
1分50秒過ぎデービスのアッパーがクリーンヒット。ガンボア効いてしまう。ンボアはクリンチで凌いだ。


10ラウンド
落ち着いた展開が続く。
最後1分ガンボアがクリンチからのワンツーを当てる。

休むつもりだったデービス?はそこから攻める左ストレートをヒットさせる。
11ラウンド
ガンボアはパンチを打ってはクリンチをずっとしてる。レフリーの注意が入る。
最後デービスが手を上げ客の声援を求め、デービスが積極的に攻める。左フックをヒットさせる。

12ラウンド
序盤、デービスの左ストレートがヒット。
1分30秒過ぎデービスがアッパーカットでダウンを奪い、試合が終了。


【試合結果・勝敗】デービスvsガンボア

最後デービスのアッパーカット

最後デービスのアッパーカット

 2019年12月29日アメリカジョージア州アトランタで開催されたWBA世界ライト級正規王座決定戦、1位ガーボンタ・デービスvs2位ユリオルキス・ガンボアの試合結果・勝敗は、序盤から積極的に攻めたデービスが3度ダウンを奪い12ラウンドKO勝利を収め、WBA世界ライト級正規王座を獲得し世界2階級制覇を達成した。
 追記:ガンボアは2ラウンドにダウンした際に右アキレス腱を断裂していたことが判明した。
 


【ダウン動画】デービスvsガンボア

2ラウンドのダウン


12ラウンドのアッパーカット


【ハイライト動画】デービスvsガンボア

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。