コメント 7

【井上尚弥】5月WBAバンタム級王者挑戦が濃厚?

BOXISART管理人@BOXISARTです。

 3階級制覇を目指すWBO世界スーパーフライ級王者井上尚弥(大橋)が、5月にも東京でWBA世界バンタム級正規王者ジェイミー・マクドネル(英国)に挑戦する可能性があると報道された。



 井上は昨年12月、WBO世界スーパーフライ級王者として7度目防衛に成功。18年は3階級制覇を目指し、バンタム級への転級を表明していた。またマクドネルは昨年11月、リボリオ・ソリス(ベネズエラ)との引き分けによる防衛成功が最新試合となる。15年5月、同9月には亀田和毅と2度の防衛戦に臨み、連勝している。
nikkansports.com

 ボクシングに詳しいスポーツライターの杉浦大介さんのツイッターからマクドネルのプロモーターのエディ・ハーンのコメント

これだけ報道されていれば可能性はかなり高いと見ています。

対戦相手情報マクドネル

WBA世界バンタム級正規王者ジェイミー・マクドネル



名前:ジェイミー・マクドネル(ジェームス・マクドネル)

国籍:イギリス

生年月日:1986年3月30日 (31才)

スタンス: オーソドックス

身長: 178cm

リーチ:183cm



獲得タイトル:
BBBofCイングランドバンタム級王座
BBBofC英国バンタム級王座
コモンウェルスイギリス連邦バンタム級王座
EBU欧州バンタム級王座
IBF世界バンタム級王座(防衛0=剥奪)
WBA世界バンタム級王座(防衛6)

戦歴:29勝13KO2敗1分

・WBAタイトルの獲得
タプティムデーン・ナラチャワット(タイ)当時52勝2敗
結果:10ラウンドTKO勝ち



・WBAタイトルV1
ニコラス・チャコン(アルゼンチン)当時20勝2敗
結果:10ラウンドTKO勝ち

・WBAタイトルV2
亀田和毅(日本)当時31勝無敗
結果:判定勝ち。
マクドネルが3ラウンド目にダウンをするも判定勝ち

・WBAタイトルV3
亀田和毅(日本)当時31勝1敗
結果:判定勝ち。
序盤から終盤にかけて接戦となる展開が続いたが、12回にバランスを崩す形でダウンを奪い判定勝ちを収めた。

・WBAタイトルV4
フェルナンド・バルガス(メキシコ)当時29勝9敗3分
結果:9ラウンドTKO勝ち

・WBAタイトルV5
リボリオ・ソリス(ベネゼエラ)当時25勝4敗1分
結果:判定勝ち



・WBAタイトルV6
リボリオ・ソリス(ベネゼエラ)当時25勝5敗1分
結果:無判定(No decision)
マクドネルは、3回開始から程なくして偶然のバッティングでマクドネルが左眉上をカットし一度は試合続行が認められたものの、打撃戦の様相を見せ始めたところで主審が試合を止めリングドクターがマクドネルの傷の状態がひどく試合続行不可能と判断すると無判定と宣告され試合終了。5ヵ月ぶりの再戦は3回2分45秒無判定という結果になった。
何故かWBA世界バンタム級王座の6度目の防衛に成功ということになっている。

wikipedia
boxrec




泥臭さとかハングリーとかどこかで聞いたことのある言葉は必要ない

 

怪物 (単行本) Kindle版

日本ボクシング界史上最高傑作の激動の半生を、尚弥を「怪物」たらしめる思考、濃密な家族との物語と共に描く。





7 件のコメント

    •  WBO世界バンタム級15位・レイマート・ガバーリョ(フィリピン)ですね。初めて知りました調べて見ます!

    • ボクシング爺さん コメントのありがとうございます。テテ楽しみです。ガバーリョとはどこの選手なんですか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。