【結果】ロマゴンvsクアドラス、勝ったのは

画像引用:HBOboxing

軽量級の注目のビッグマッチ

軽量級の注目のビッグマッチ。パウンド・フォー・パウンド・ナンバーワン、WBC世界フライ級王者ローマン“チョコラティート”ゴンサレス(ニカラグア)が9月10日、米カリフォルニア州イングルウッドのザ・フォーラムで、WBC世界S・フライ級王者カルロス“プリンシペ”クアドラス(メキシコ)に挑戦した試合の結果をお届けする。

大方の予想通りの展開

大方の予想通りの展開、ロマゴン追いかけクアドラスがさばく展開、クアドラスはフットワークを使い続けサウスポーにスイッチ使い連打、ロマゴンも常に前進し手数を出し続ける。

結果 ロマゴンの3-0判定勝ち、四階級制覇達成しました。
117-111,116-112, 115-113

チャンピオンのカルロス・クアドラスがローマン・ゴンサレスに12回判定負け、王座交代となりました。ロマゴンは46戦全勝38KOとし、同王座7度目の防衛に失敗したクアドラスは35勝27KO1敗1分と初黒星を喫しています。

パンチ数のデータ、ロマゴンvsクアドラス

watch-roman-gonzalez-vs-carlos-cuadras-live-stream-online2
watch-roman-gonzalez-vs-carlos-cuadras-live-stream-online
ロマゴンが繰り出したパンチ数[985]ヒットしたパンチ[323]ヒット率33%。
クアドラスが繰り出したパンチ数[893]ヒットしたパンチ[258]ヒット率29%。
ハイライト動画

この採点には賛否両論があるようですが、どっちが勝ってもおかしくない試合でした。素晴らしい試合でした。

【限定】『Hi-TechⅡ』 Tシャツ

■限定で即完売したHi-Tech(ハイテク)Tシャツの第二弾。
オリンピック2連覇を果たし、プロ世界最速の3階級制覇王者の通称Hi-Tech(ハイテク)Tシャツ第二弾。

限定枚数残りわずか!

3 件のコメント

  • この試合はWBCですよね、WBCはふつう、公開採点を提示するのに、どうしてしなかったのでしょう?
    ちょっと疑問の残る判定でしたね。とちゅうで判定が提示されていれば、クアドラスの戦い方も変わったと思います。
    クアドラスとしてはBoxした、ボクシングとしては勝ったと考えて当然の試合内容でした。

  • 完璧にロマゴン負けてましたよね
    日本では、井上との対戦があるかも知れないので、疑惑を騒がない方向ですけど、あれでロマゴンの勝ちなんてボクシングのリアルが失わらる
    衰退してしまう
    公開採点が何故かされなかった所を見ても、初めからロマゴンの勝ちが決まっていたのでは?
    パンチ数量る正確性も怪しい、仮に正確だとしても、中盤からのロマゴンの弱々しい軽いパンチが触っている程度、クアドラスのパンチの方が正確で、強く、ダメージを与えていました
    試合後の両者の顔や疲労を見ても明らか
    クアドラスが可哀想でした
    井上とやる前に再戦するべき

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。