コメント 1

【結果】ローマンvs松本亮、WBA世界S.B級タイトルマッチ

【直前情報】ローマンvs松本亮、WBA世界S.B級タイトルマッチ

BOXISART管理人@BOXISARTです。

 2018年2月28日後楽園ホールで開催されたWBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ、王者ダニエル・ローマン対、同級11位松本亮(大橋)の試合結果をお届けします。



試合内容・結果:ローマンvs松本亮

驚くほど、迅速に入場する王者ローマン。


会場は満員でした。

1ラウンドからローマンが前進して、フック系の連打を仕掛ける。松本は距離を取る為、ストレートで押し返すも、ローマンに距離を縮められてしまい、後手に回る、序盤に倒しに来ているんじゃないうくらいのローマンの手数、クリーンヒット数と手数ともに、ローマンペースで進む、序盤から松本の顔が赤くみえた。



ラウンドガールは神部美咲さん

中盤に松本の左ボディが炸裂するも、すぐさまローマンの連打を返しローマンのラウンド。
後半は若干のローマンの疲れも見えたが、ローマンペースは変わらず、これでもかってぐらいクリーンヒットを重ねる。
9ラウンドローマンのボディで松本は効いてしまうが、クリンチなどで回避。

ラストラウンド、ローマンがKO狙いで倒しに行くも、松本も応戦して逃れる。ラストラウンドもローマンのラウンドとなった。



結果
王者ダニエル・ローマンが3-0の判定勝ちを収め、初防衛に成功し、27戦24勝9KO2敗1分となった。
119-109 | 119-109 |118-110

ローマンの今後・コメント等

boxingsceneによるとWBAボクシング協議会から、WBA暫定王座のモイセス・フローレス(メキシコ)と対戦命令がでている。
boxingscene.com



モイセス・フローレスは2017年6月17日に当時のWBA世界スーパーバンタム級スーパー王者のギレルモ・リゴンドウと統一戦を行い、初回終了のゴングが鳴った間際に放ったリゴンドウの左フックでフローレスが大の字になってダウン。リゴンドウの初回終了時KO勝ちとなったが、2017年6月26日無効試合に変更すると決定した。 この試合以来、試合をしていない。

ローマンのコメント

試合をコントロールできた。前に出てプレスをかけ続け、松本が疲れた後も続けられたことが勝因。指名挑戦者との試合の後は誰でもいいので王座統一戦をしたい。
nikkansports.com

松本のコメント

ずっと相手のペースでいってしまった。全然駄目だった。状態は今までで一番よかった。しょうがない。負けたから何も言えない。
nikkansports.com

S.B級各団体の王者

・WBAレギュラー王者:ダニエル・ローマン(米国)

WBA注目選手
WBA3位亀田 和毅(協栄)
WBA4位ディエゴ・デラホーヤ(メキシコ)
WBA9位久我 勇作(ワタナベ)
WBA11位松本 亮(大橋)
WBA12位大竹 秀典(金子)



・WBA暫定王座:モイセス・フローレス(メキシコ)

ダニエル・ローマン(米国)との統一戦の指示がWBAボクシング協議会からでている。
boxingscene.com
・WBCレギュラー王者:レイ・バルガス(メキシコ)

2017年12月2日にオスカル・ネグレテと対戦し判定勝ち2度目の防衛に成功。
重度のカットにより、5月または6月まで試合をしない意向
boxingscene.com
WBC注目選手
WBC2位ディエゴ・デラホーヤ(メキシコ)
WBC5位亀田 和毅(協栄)
WBC7位久我 勇作(ワタナベ)
WBC8位大竹 秀典(金子)
WBC10位ツグスソグ・ニヤンバヤル(モンゴル:ロンドン五輪フライ級→銀)

・IBFレギュラー王者:岩佐 亮佑(セレス)

3月1日に両国国技館で、エルネスト・サウロン(フィリピン)と初防衛戦

V1岩佐王者の対戦相手情報(エルネスト・サウロン:フィリピン)

2018.01.07

IBF注目選手
IBF5位小國 以載(角海老宝石)
IBF6位大竹 秀典(金子)
IBF7位アルベルト・パガラ(フィリピン)
IBF8位 和氣 慎吾(FLARE山上)

・WBOレギュラー王者:ジェシー・マグダレノ(米国)

4月14日暫定王者のアイザック・ドグボエ(ガーナ:18勝12KO)とラスベガスで防衛戦予定 (正式決定か未確認)

WBO注目選手
WBO1位ディエゴ・デラホーヤ(メキシコ)
WBO5位 亀田 和毅(協栄)

テレビ放映

本日後楽園ホールで行われたWBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ、
ダニエル・ローマン(アメリカ)対松本亮(大橋)は、
3月3日27:00~28:00にフジテレビ、
翌4日26:00~27:00にBSフジで放映。





【直前情報】ローマンvs松本亮、WBA世界S.B級タイトルマッチ



泥臭さとかハングリーとかどこかで聞いたことのある言葉は必要ない

 

怪物 (単行本) Kindle版

日本ボクシング界史上最高傑作の激動の半生を、尚弥を「怪物」たらしめる思考、濃密な家族との物語と共に描く。




1 個のコメント

  • 久しぶりの世界戦の観戦してきました。(ラリオスvs仲里戦以来)松本選手あれだけパンチを貰ってよく一度も倒れなかったなと思いました。松本から絶対効かない倒れないって意思感じました。自分だけ感じたかもしれませんが。
    これがチャンピオンだなと、自分お周りの観客もチャンピオン強すぎると唖然としてました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。