【結果】井上尚弥vsボワイヨ

井上尚弥(大橋)vsヨアン・ボワイヨ(フランス)

2017年12月30日横浜文化体育館で、WBOスーパーフライ級王者、井上尚弥は、WBO世界スーパーフライ級6位のヨアン・ボワイヨ(フランス)と対戦し、WBO世界スーパーフライ級王座の7度目の防衛戦の結果をお届けします。

王者
井上尚弥(大橋)24歳、14戦全勝12KO無敗
VS
挑戦者
ヨアン・ボワイヨ(フランス)29歳、41勝4敗26KO

試合内容 井上尚弥vsボワイヨ

1R
井上はガードを上げてボワイヨの様子を見る静かな立ち上がり。
井上の左フックでボワイヨがダウン。ボワイヨが立ち上がったところでラウンド終了。

2R
終始井上のペース。左ボディ右フック、右ストレートがヒット。
3R
左ボディでダウンを奪い、なんとか立つボワイヨなおも井上が左ボディ2発を叩き込み再びダウン。追撃のボディ連打でダウンを奪ってレフェリーが試合を止めた。TKO勝利となった。


WBOスーパーフライ級王者の井上尚弥が3RTKO勝ちとなり、15戦全勝13KO無敗、7度目の防衛に成功した。

試合後インタビュー 井上尚弥

「スーパーフライ級での統一戦もできないだろうし、ここはバンタム級でいきたいと自分の中で思っています。」
スーパーフライ級では統一戦が難しい、バンタム級に上げて次のステージに行きたいとのこと

試合後ニュース一覧

3回TKOで敗れた同級6位ヨアン・ボワイヨ(29=フランス)は「想像していたよりも(パンチが)重かった。彼は僕より優れたボクサーだった」と王者をたたえた。
nikkansports.com

井上尚弥、圧勝V7も右目に腫れ…意外な原因とは
「今日の朝、ものもらいになって…」という意外な事実だった。起きると腫れ上がっており、「いまより倍くらい腫れていた」と視界にも影響が出そうだったという。
nksports-fight

テレビ解説を務めたWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)は「相手がどれだけ研究しても当ててしまう。別格ですね」と王者を褒めたたえた。圧倒的なパンチの威力については「技術うんぬんじゃなく持って生まれたもの。同じようにボクシングをやっても、彼のようにはできない。天賦の才ですね」と驚嘆。
dal-fight

拳四朗(B.M.B)vsヒルベルト・ペドロサ(パナマ)

【結果】拳四朗vsペドロサ

2017年12月30日
井上尚弥(大橋)vsヨアン・ボワイヨ(フランス)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。