カネロが一位【リング誌PFP2019年11月2日更新ランク】


カネロが一位【リング誌『PFP』2019年11月2日更新ランク】

 2019年11月2日に更新されたボクシング界では最も歴史と権威ある雑誌のリング誌(リングマガジン)のPFP(階級無視ランキング・パウンド・フォー・パウンド)で4階級制覇したばかりの『カネロ』が一位に!


 もちろん井上尚弥は4位をキープ、11月2日更新なので11/7に試合した井上尚弥のWBSS決勝はどう評価されるのか?判定だったのでランク変わらないでしょうか?次のリング誌PFP(パウンド・フォー・パウンド)ランキングに期待です。

 カネロは、2019年11月2日アメリカMGMグランドでWBO世界ライトヘビー級王者セルゲイ・コバレフと対戦し、11RTKOで4階級制覇を達成した。カネロは現在3階級で王座を保持している(ミドル級、スーパーミドル級、ライトヘビー級)

【結果】カネロvsコバレフ WBO世界ライトヘビー級タイトルマッチ 2019年11月3日

2019.11.03


2019年11月リング誌PFPランキング


1位カネロ
2位ロマチェンコ
3位クロフォード
4位井上尚弥
5位オレクサンドル・ウシク
6位エロール・スペンスjr
7位ゲンナジー・ゴロフキン
8位ファン・フランシスコ・エストラーダ
9位アルツール・ベテルビエフ
10位マニー・パッキャオ


11月リング誌PFPランキング比較

ロマチェンコとクロフォードが一個ランク下げ、カネロが1位に。

1位ロマチェンコ
2位クロフォード
3位カネロ
4位井上尚弥
5位オレクサンドル・ウシク
6位エロール・スペンスjr
7位ゲンナジー・ゴロフキン
8位ファン・フランシスコ・エストラーダ
9位アルツール・ベテルビエフ
10位マニー・パッキャオ

井上尚弥がPFPランク3位と2位(階級無視ランキング=パウンド・フォー・パウンド)

2018.10.26

12/14クロフォード、の試合が決まっていますがそこまでビックマッチでないのでどうなるか。楽しみです。

【限定】『Hi-TechⅡ』 Tシャツ

■限定で即完売したHi-Tech(ハイテク)Tシャツの第二弾。
オリンピック2連覇を果たし、プロ世界最速の3階級制覇王者の通称Hi-Tech(ハイテク)Tシャツ第二弾。

限定枚数残りわずか!

2 件のコメント

    • そうですね。スーパーライト優勝したテイラーも無風でしたし。バンタム級最強を目指してほしいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。