井上尚弥の次の対戦相手が今週末決定!エマニュエル・ロドリゲスvsジェイソン・モロニー10月20日(日本時間21日)

 WBSSシーズン2バンタム級トーナメント1回戦で、衝撃的な1ラウンド1分10秒KO勝ちを収めたWBA世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)のトーナメント準決勝の対戦相手が、今週末2018年10月20日(現地時間・日本時間21日)に決まる。アメリカ,フロリダ州オーランドのCFEアリーナで開催されるWBSSバンタム級1回戦でIBF世界バンタム級タイトルマッチ、王者のエマニュエル・ロドリゲス(プエルトリコ)対、ジェイソン・モロニー(オーストラリア)の勝者と来年3月ごろ対戦予定となっている。この試合の事前情報をご紹介します。
 またこの試合に井上尚弥は現地観戦することが報道されている。


【結果・動画】エマニュエル・ロドリゲスvsジェイソン・モロニー 井上尚弥の準決勝の相手が決定! WBSS2バンタム級1回戦 IBF世界バンタム級タイトルマッチ

2018.10.21

エマニュエル・ロドリゲス情報一覧

WBSSバンタム参加選手IBF王者:エマニュエル・ロドリゲス(プエルトリコ)井上尚弥の次の戦対戦相手が今週末決定!マニュエル・ロドリゲスvsジェイソン・モロニー10月20日(日本時間21日)

WBSSバンタム参加選手IBF王者:エマニュエル・ロドリゲス(プエルトリコ)

エマニュエル・ロドリゲスは、WBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)シーズン2バンタム級トーナメントの優勝候補の一人と言われている。アマチュアキャリア171勝11敗、26歳、プロ18戦18勝12KO無敗、2018年5月5日にIBF世界バンタム級王座決定戦でポール・バトラー(イギリス)に判定勝ち3-0で王座を獲得したばかり。やっと世界戦のチャンスが回ってきて獲得しました。


基本情報 エマニュエル・ロドリゲス

名前:エマニュエル・ロドリゲス(Emmanuel Rodriguez Vazquez)
通称:
Manny
El Sensacional(センセーション)
El Matador(闘牛士)
身長:168cm
リーチ:169cm
誕生日:1992年8月8日(26歳)
国籍:プエルトリコ
レジデンス:プエルトリコ→アメリカ,フロリダ州オーランド
スタンス:オーソドックス

プロ獲得王座 エマニュエル・ロドリゲス

WBOラテンバンタム級タイトル
WBAフェデラインバンタム級タイトル
暫定WBCラテン系バンタム級タイトル
WBCラテン系バンタム級タイトル
IBF世界バンタム級タイトル

アマチュア歴 エマニュエル・ロドリゲス

アマチュア戦歴

171勝11敗

アマチュア獲得タイトル

2010年 AIBA青年世界ボクシング選手権バクー,アゼルバイジャン(51kg)銀メダル
2010年ユースオリンピック,シンガポール夏(51kg)金メダル

プロ戦歴 エマニュエル・ロドリゲス

18戦18勝12KO無敗
ドミニカ共和国で2試合、イギリスで1試合、アメリカで2試合、地元プエルトリコで15試合。

動画 エマニュエル・ロドリゲス


エマヌエル・ロドリゲスKO集

2018年5月IBF王座獲得したバトラー戦

 
これでも右手を怪我していたとか(うろ覚えですが・・)

ジェイソン・モロニー情報一覧

WBSSバンタム参加選手ジェイソン・モロニー(オーストラリア)井上尚弥の次の戦対戦相手が今週末決定!マニュエル・ロドリゲスvsジェイソン・モロニー10月20日(日本時間21日)

WBSSバンタム参加選手ジェイソン・モロニー(オーストラリア)

こちらもアマチュアキャリア80戦以上、27歳、プロ戦歴は17戦17勝14KO無敗。双子の弟アンドリュー・モロニーはスーパーフライ級世界4団体、全てでランキング入。

基本情報 ジェイソン・モロニー


名前:ジェイソン・モロニー(Jason Moloney)
通称: The Smooth One
身長:168cm
リーチ:170cm
国籍:オーストラリア
誕生日:1991年1月10日(27歳)
レジデンス:オーストラリア
スタンス:オーソドックス

アマチュア歴 エマニュエル・ロドリゲス

アマチュアボクサーを13歳から初め、アマチュアで10年間、私は5つの州と4つのナショナルタイトルを獲得しました。またオーストラリア代表として、ロシア、キューバ、米国など、の世界大会に参加した
2010コモンウェルス大会(52の国と地域から70チームが参加する大会)で
リオ五輪の疑惑の判定で有名になったマイケル・コンラン(現在プロ8勝5KO無敗トップランクプロモーション所属)に勝利している。

アマチュア戦歴

80戦以上
http://teammoloney.com/より


プロ獲得王座 ジェイソン・モロニー

コモンウェルス バンタム級タイトル
WBAオセアニアバンタム級タイトル
WBAオセアニアスーパーバンタム級タイトル

プロ戦歴 ジェイソン・モロニー

プロ戦歴は、17戦17勝14KO無敗。
バンタム級あたりの体重で4試合、スーパーバンタム級あたりで13試合。

全試合オーストラリア、今回WBSSバンタム1回戦の10月20日アメリカでIBF王者のエマニュエル・ロドリゲス(プエルトリコ)戦が初海外試合。
双子の弟アンドリュー・モロニーはスーパーフライ級世界4団体でランキング入。
直近の試合は、2018年5月19日オーストラリアで元WBA世界スーパーフライ級王者の河野公平(ワタナベ)と対戦し6回終了TKO勝ちを収めている。

動画 ジェイソン・モロニー

ジェイソン・モロニーのハイライト集

9戦目のフル動画(6回戦)

オッズ、ロドリゲスvsモロニー10月20日(日本時間21日)

ロドリゲスvsモロニーのオッズですが、ロドリゲス1.08 vs モロニー10 とかなりの差でロドリゲス有利と出ている。やはりWBSS優勝候補と見ているのでしょうか。

ドキュメンタリー動画ロドリゲスvsモロニー10月20日(日本時間21日)

WBSSが作成した10月20日アメリカ,フロリダ州オーランドで試合するWBSSバンタム級1回戦ロドリゲスvsモロニー(勝者が井上尚弥の対戦相手となる)、WBSSクルーサー級1回戦ドルティコスvsマステルナク(クルーサー級)のドキュメンタリー動画が素晴らしいのでご紹介。

井上尚弥の対戦相手候補のロドリゲスvsモロニ-に井上尚弥がコメント

対戦相手候補のロドリゲス、モロニ-両者の試合ダイジェスト動画をチェックしている井上尚弥は、
「その動画だけをみればロドリゲスですね」
「視察するからには長くみたいですよね。自分の時みたいな試合だと参考にならないので」と苦笑いも浮かべつつ「どちらが上がってきても対戦したら…と考えながらみたいですね」
大橋秀行会長も
「動画を見る限り、ロドリゲスが強いと思います。生で見るのと動画とでは違いますから、しっかり視察したい」
nikkansports.com

井上尚弥の対戦相手候補のロドリゲスvsモロニ-どっちが勝つと思いますか?

みなさんどちらが勝つと思いますか?どちらと井上尚弥選手が戦うところ見たいですか?

途中経過 井上尚弥の対戦相手候補ロドリゲスvsモロニ-どっちが勝つと思いますか?

井上尚弥の対戦相手が決まるエマニュエル・ロドリゲスvsジェイソン・モロニーどちらが勝つと思いますか?途中経過

【結果・動画】エマニュエル・ロドリゲスvsジェイソン・モロニー 井上尚弥の準決勝の相手が決定! WBSS2バンタム級1回戦 IBF世界バンタム級タイトルマッチ

2018.10.21
Rate this post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。