『コロナ影響』4月26日井上尚弥vsカシメロの試合は延期に。

『コロナ影響』4月26日井上尚弥vsカシメロの試合は延期に。

 

 3月17日(日本時間)早朝に井上尚弥が契約するアメリカ大手プロモーション会社トップランクより発表されました。 COVID-19(コロナ)のパンデミックにより、TopRankは3月と4月に予定されているすべてのイベントを延期しました。トップランクは、状況を綿密に監視しており、安全かつ合理的な範囲でショーを再スケジュールします。
 トップランクのボブ・アルム会長はコメントしました「戦闘機、スタッフ、ESPNの信じられないほどの制作チームの健康と安全は、次のステップを計画する際に最も重要なことです。世界のボクシングをもう一度!」
残念ですが、待ちましょう!

井上尚弥が契約しているアメリカ大手プロモーション会社トップランクのボブ・アラム氏は、4月26日(日本時間)井上尚弥vsカシメロのバンタム級WBA・IBF・WBO統一戦の会場を、テレビスタジオに変更して試合を行う可能性があると、また早く選手を入国する手続きをするとESPNにコメントした。※延期となりました。正式発表

 アラム氏はコロナの影響を受けて、試合を延期せず会場を放送のみできる場所で行いたいと。

 しかしNBAシーズン中断・・3月15日と18日トップランクの試合は無観客試合になった無観客試合で予定していたが延期となった。さらにはトランプ大統領が入国制限を行う可能性があると・・・


3月15日と18日トップランク興行が延期となった【追記】


追記:3月13日11時50分 日本時間10時頃に発表された。
 井上尚弥が契約しているトップランクの興行、3月15日(日本時間)WBC世界フェザー級タイトルマッチ王者シャクール・スティーブンソンvsマリアガと、3月18日(日本時間)WBO1位マイケル・コンランvsベルマー・プレシアドの試合が無観客試合を行いESPNで放送する予定だったが、13日10時頃一転して延期を発表した。理由は試合を行う場合コミッションの指示に従いコロナの検査を行うことが必須だが、コロナ検査の精度が悪い為。


NBAシーズン中断

 アメリカでは、3月11日にNBA(北米で展開する男子プロバスケットボールリーグ)がシーズン中断を発表した。


米国トランプ大統領が入国規制

 またトランプ大統領が、3月4日記者団に、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた渡航規制強化について、すでに強化したイタリアや韓国などと同様に「日本の状況も非常に注視している」と述べ、具体的な名前をあげて日本が検討対象だと明言した。情報:Jcast


またトランプ大統領は「東京五輪は1年間延期したほうがよい」ともコメントしている・・・
情報:NHK

コミッションが中止を要請。3月29日DAZN・GBP興行が中止に

カリフォルニア州アスレチックコミッションが今月中の全ての格闘技イベントを取りやめるよう要請した。以下source


コロナウイルスどうにかならないのでしょうか・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。