宿命の対決【結果・速報・ライブ】田中恒成vs田口良一 WBO世界フライ級タイトルマッチ 2019年3月16日

3月16日【田中恒成vs田口良一】ポスターが完成!

2019年3月16日日本岐阜県の岐阜メモリアルセンターで愛ドームで開催されたWBO世界フライ級タイトルマッチ、王者『田中恒成』(畑中)対、元世界LF級統一王者『田口良一』の試合を速報LIVEで結果・勝敗をお届けします。
 
2017年、田中がWBOライトフライ級王者だった時、WBA同級チャンピオンだった田口と日本人同士の統一戦の機運が高まったが、2017年9月に田中はKO勝ちしたものの、両目眼窩底骨折の大ケガを負ってしまい、この結果、田中が待ち望んで自ら「戦いたい」と言い続けてきた田口との統一戦は消滅した。
 
 待望された宿命の対決、試合が行われる。


追記:フル動画発見しました消える前にどうぞ

【結果・速報・ライブ】田中恒成vs田口良一 WBO世界フライ級タイトルマッチ 2019年3月16日

3月16日【田中恒成vs田口良一】ポスターが完成!
2019年3月16日WBO世界フライ級タイトルマッチ、田中恒成vs田口良一 の試合を速報LIVEで結果・勝敗をお届けします。


田中恒成vs田口良一の試合前コメント

元世界LF級統一王者 田口良一

「打ち合う時間はきっと長くなるはず。でも、僕は絶対に逃げない」

WBO世界フライ級王者 田中恒成

「こんなにおもしろいカードはない。試合もおもしろくならないはずがないし、普通の試合では終わらせない」


【試合内容】田中恒成vs田口良一 WBO世界フライ級タイトルマッチ

田中恒成:身長164cmリーチ161cm 23歳
田口良一 :身長168cmリーチ170cm 32歳
それほど身長差は感じない。

1ラウンド

序盤から田口良一が積極的に前に前進、接近戦でボディからの連打
やや田口良一の手数ヒットで田口のラウンド


解説、王者体が重そう

2ラウンド

序盤、田中恒成スピードのある連打。
互いに手数が多い。
中盤終盤、中間距離で田中恒成のカウンターからの連打が印象的。
王者田中が手数ヒットで優勢に見える

3ラウンド

始まってすぐ、田口の右がクリーンヒット(田中よろめく)し連打で畳み掛ける、そこまで田中にダメージはない、すぐ田中も盛り返し、的確なパンチをヒットしていく、田口も応戦。

田口の右が印象的、田口優勢。

4ラウンド

接近戦が多くなる、やや田中恒成のパンチが的確にヒットしている(右フック)、そこまで差がない。
田中恒成が優勢

5ラウンド

序盤田口が先手で攻めるが、田中恒成がサイドステップ、スイッチしながら接近、カウンターで的確なヒットを当てる田中のスピードがこのラウンド一番早く動きがいい。
終盤に田口が盛り返す。
田中恒成が優勢


6ラウンド

解説飯田さん王者田中はジャブにもパンチがのっていると。
田中の右にステップが絶妙。(ロマチェンコを彷彿とさせる)
田口が接近戦を仕掛ける。手数は田口。ヒットはやや田中
やや田中恒成が優勢

7ラウンド

田中サイドリポーター:田中トレーナー動きに躍動感がでてきた扇形にうごけ
序盤、田中が右をヒット畳み掛ける、田口下がらず応戦。
やや田口の疲れが見えるか表情。
中盤も田中がショートの右をヒットさせる
田中恒成が優勢

8ラウンド

序盤、田中恒成の左アッパーをヒット。
田口陣営レポート:バランスが悪い
終盤、接近戦で田中恒成連打の中でショートの右をヒット
田中恒成が優勢


9ラウンド

田中サイドリポーター:田中トレーナー扇形にうごけ、獣になれ、チャンスが有る
田口が積極的に前に、さばくように下がりなが田中が応戦。
終盤、接近戦で打ち合いに。
やや田口か難しいラウンド

10ラウンド

中盤から接近戦が続く、王者田中がじりじり押す展開。
田口の手数落ちない
田中は手数がおちているか

11ラウンド

田口陣営レポート:接近戦ならお前が上、もっと前に行こう

田口の細かい連打連打、田中が的確なヒットを
田中が鼻血がすこし

12ラウンド

田中が序盤連打で前に、田口も盛り返す。中間距離から接近戦で最後まで打ち合い続ける。
日本の試合はパンチデータ(ヒット数)確認できないのが残念んである。
試合は判定に

【試合結果】田中恒成vs田口良一 WBO世界フライ級タイトルマッチ

2019年3月16日日本岐阜県の岐阜メモリアルセンターで愛ドームで開催されたWBO世界フライ級タイトルマッチ、王者『田中恒成』対、『田口良一』の試合結果は、王者『田中恒成』が3-0(117-111×2|119-109)の判定勝ちを収めた。勝利した王者『田中恒成』は木村翔から獲得した王座の初防衛に成功、戦績を13戦13勝7KO無敗とした。

【試合後コメント】田中恒成vs田口良一 WBO世界フライ級タイトルマッチ

試合後の田中恒成コメント

「リスペクトする田口選手と素晴らしい試合ができてよかった。想像以上でした。だいぶ打たれましたし。内容自体には納得いってないですけど、試合として見たら年間最高試合、いきなり候補に挙げていいんじゃないですか、というくらい、いい試合になったと思います。」
「試合終わった直後、抱き合ったとき、ずっと(田口が自分に)もたれていたんです。立っているか分からない状態。それくらい出し切っていたし、それくらいの思いで立ち続けていたし、なんて言ったらいいか分からないけど、それが一番心に残っている」
http://boxingnews.jpより

試合後の田口良一コメント

「4ラウンドぐらいで動きが止まってきた? あっちが来た感じで、のまれた部分があった。田中くんはフィジカルも強い。もうちょっと自分も押し相撲をしてフィジカルの強さを見せたかったけど、そうさせてくれなかった。」
「前回は終わったとき引退だと感じちゃったけど、今はそういう感じじゃなく、どうしようかなという感じ。成長を感じたし、このまま辞めたらもったいないという気持ちもある」
http://boxingnews.jpより

【フル動画】田中恒成vs田口良一

消える前にどうぞ。

Rate this post
3月16日【田中恒成vs田口良一】ポスターが完成!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。