【結果速報:枚方】矢田KO!下町俊貴が衝撃ボディTKO、前田稔輝が高速左でKO!

【結果速報:枚方】矢田KO!下町俊貴が衝撃ボディTKO、前田稔輝が高速左でKO!

2020年8月9日大阪府枚方市で開催された『CRASH BOXING vol.20 in枚方』興行の試合結果を簡単に紹介。

紹介カード
■メイン;ウェルター級8回戦
矢田 良太(グリーンツダ)vs藤井 拓也(三迫)
■セミ:日本ユース・S・バンタム級 タイトルマッチ8回戦
下町 俊貴(グリーンツダ)vs英 洸貴(カシミ)
■58.5kg契約6回戦
前田 稔輝(グリーンツダ)vs飯見 嵐(ワタナベ)
youtubeでライブ配信されました。豪華、元暫定世界王者『石田 順裕』の解説付き!


youtube動画『録画も閲覧可能』


ライブでは3試合のみでしたが、明日10時全試合アップ予定とのこと。▶ https://www.youtube.com/channel/UCnSTZsVg35Dsfblbw2J32vA

矢田 良太vs藤井 拓也

■メイン;ウェルター級8回戦
矢田 良太(グリーンツダ)vs藤井 拓也(三迫)

▶結果:全く手数がないディフェンシブな矢田選手でしたが4Rにダウンを奪い、藤井が足を負傷し、矢田 良太選手が5ラウンドTKO勝ち。

 藤井選手、変則で独特のリズムからパンチを放ちスイッチしたりやりにくい選手でした。

 矢田選手は、2019年12月8日に別府優樹に5度のダウンを奪ったもの10ラウンドTKO負け王座陥落してからの大切な復帰戦だった。


下町 俊貴vs英 洸貴


■セミ:日本ユース・S・バンタム級 タイトルマッチ8回戦
下町 俊貴(グリーンツダ)vs英 洸貴(カシミ)

下町 俊貴選手は11勝7KO1敗2分、2017年度スーパーバンタム級新人王。

英 洸貴選手は、8勝3KO3分無敗、2018年度スーパーバンタム級新人王。


▶結果:下町選手は離れてリーチのある(身長179cm)長い左ストレート、英選手は近距離で連打や右、拮抗した展開から、下町選手が5ラウンドにボディでダウンを奪い、立ち上がり再開後にパンチまとめてKO勝利!

下町選手の身長179cmの長いストレートは驚異、英選手のスタイルも好きでしたが、下町選手は自分の流れがきたら一気にまとめる、うまくて強かったです。英選手もまだ初黒星、今後も二人を注目していきます!

前田 稔輝vs飯見 嵐

■58.5kg契約6回戦
前田 稔輝(グリーンツダ)vs飯見 嵐(ワタナベ)

前田 稔輝(グリーンツダ)選手は、4勝(2KO)無敗、2019年亀田 京之介(花形)に勝利して全日本フェザー級新人王を獲得。

飯見 嵐(ワタナベ)選手は2017年度東日本スーパーバンタム級新人王で7勝(7KO)2敗。

▶結果:1ラウンドからいきなり前田稔輝が左ストレートでダウンを奪いペースを掴み、合計3度ダウンを奪い、前田稔輝が2ラウンドTKO勝利!

 前田 稔輝は2019年全日本新人王を獲得、アマチュア歴なし、日本拳法の日本一。日本拳法は帝拳の世界ランカーの尾川選手も。

 フットワークとパンチのスピードが早くパンチに切れがある特に左ストレート、今後も注目したい選手です!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。