マイダナ引退。マルコス・マイダナと対戦した男たち、その後。

マイダナ

マルコス・マイダナ引退。マルコス・マイダナと対戦した男たち、その後。

マイダナと対戦した男たち、その後。

2016.08.16時点


マイダナ結果 その後
2014年9月13日 フロイド・メイウェザー 0-3判定負け パッキャオとアンドレ・ベルトに勝利して引退。
2014年05月03 フロイド・メイウェザー 0-2判定負け 2014年9月13日に再戦した。
2013年12月14日 エイドリアン・ブローナー 3-0判定勝ち 5勝1敗、1敗はショーンポーター。
2013年6月8日 ホセシト・ロペス(アメリカ) 6回TKO勝ち 3勝1敗、1敗はアンドレ・ベルト。
2012年12月12日 アンヘル・マルティネス(メキシコ) 3回KO勝ち 2勝5敗、プロスペクトの調整相手になっている
2012年9月15日 ソト・カラス 8回TKO勝ち 2勝2敗1分、2敗はデボン・アレクサンダー、キース・サーマン
2012年2月25日、 デボン・アレクサンダー 0-3判定負け 3勝3敗、3敗はショーンポーター、アミール・カーン、アーロン・マルティネス。
2011年9月23日 ピーター・ペトロフ(ロシア) 4回KO勝ち 8勝1敗、1敗は現世界王者デヤン・ズラチカニン。
2011年4月9日 エリック・モラレス(メキシコ) 2-0判定勝ち 1勝2敗、2敗はダニーガルシア。
2010年12月11日 アミール・カーン 0-3判定負け 7勝3敗、3敗はダニーガルシア、レイモンドピーターソン、カネロ。


マイダナ正式引退。

元WBA世界S・ライト級&ウェルター級王者マルコス・マイダナ(アルゼンチン=写真)が9日(日本時間10日)メディアに現役引退を通達した。マイダナ(33)は2013年に2度、最強ボクサー、フロイド・メイウェザー(米)と対戦。2度とも判定負けしたが、第1戦はスコアが2-0で、マイダナの勝利を支持する声もあった。第2戦後リングから遠ざかっており、引退がうわさされていた。


今後はアドバイザーとして自国のヘスス・クエジャール(WBAフェザー“レギュラー”王者)、プロスペクトのブライアン・カスターニョ(S・ウェルター級)、実弟のファビアン・マイダナ(ウェルター級)らをサポートして行くという。
情報元
 


マルコス・マイダナ現在の写真

CnVnEERVMAEAWbU
CoIEBVqUEAEHrH0

お疲れ様でした。

マイダナ


3 件のコメント

    • エアロスペースさん
      コメントありがとうございます。
      けっこう太られたみたいで、ハメドになりそうですね。
      プロボクサーが引退後、太らないのは努力がいりそうですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。