【結果】ゴロフキンvsカネロ、判定は三者三様?

 プロボクシングの注目の一戦、WBA 、WBC、IBF3団体統一のミドル級世界タイトル戦が16日(日本時間17日)、米国・ラスベガスのT-モバイルアリーナで行われ、王者のゲンナジー・ゴロフキン(35、カザフスタン)が、三者三様のドロー判定で、元2階級王者のサウル“カネロ”アルバレス(27、メキシコ)の挑戦を退けて通算19度目の防衛に成功した。WBAは18度目、WBCは7度目、IBFは4度目の防衛。“トリプルG“”ことゴロフキンは、これで38勝(33KO)1分。アルバレスは49勝(34KO)1敗2分けとなった。
thepage.jp

判定結果 ゴロフキンvsカネロ

118-110 カネロ
115-113 ゴロフキン
114-114 ドロー

スコア表

パンチデータ ゴロフキンvsカネロ

判定について著名人のコメント

現WBO世界スーパーフライ級王者:井上尚弥

元IBF世界スーパーライト級王者、元WBA世界ウェルター級(2階級制覇):ポール・マリナッジ

アメリカのテレビタレント:ステファン・スミス
ドローは信じられない

ハイライト動画 ゴロフキンvsカネロ

あなたの判定はゴロフキン?カネロどちらですか?
動画はそのうち消えそうです。

これは完全に再戦の流れ。






【井上尚弥】WBSS準決勝の日程が正式決定『5月イギリス開催』!

2019.02.13

【限定】『Hi-TechⅡ』 Tシャツ

■限定で即完売したHi-Tech(ハイテク)Tシャツの第二弾。
オリンピック2連覇を果たし、プロ世界最速の3階級制覇王者の通称Hi-Tech(ハイテク)Tシャツ第二弾。

限定20点!

5 件のコメント

  • 私の採点では116-112でGGGでした。
    カネロのパワーパンチもヒットもヒットしましたが
    全体を通してGGGがプレッシャーをかけていましたし
    ダメージはカネロの方に有ったと思います。
    雌雄を賭けて戦った後のインタビューでも人間性の面で
    GGGがカネロをポイントアウトしましたね。

  • あの試合内容で試合後にカネロが「自分が勝った」的なこと言っていたが、よくそんなこと思えるよなw

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。