【結果・ライブ速報】田中恒成vsジョナサン・ゴンサレス 2019年8月24日

 2019年8月24日武田テバオーシャンアリーナで開催されたWBO世界フライ級タイトルマッチ、王者田中恒成vs1位ジョナサン・ゴンサレスの試合結果・内容・勝敗をライブでお届けします。

試合前情報はこちらから↓

圧倒劇を期待!8月24日『田中恒成vsジョナサン・ゴンサレス』試合前情報まとめ

2019.08.23


【結果・ライブ速報】田中恒成vsジョナサン・ゴンサレス 2019年8月24日

【選手情報】田中恒成vsジョナサン・ゴンサレス

WBO世界フライ級王者:田中恒成
 
Embed from Getty Images
WBO世界フライ級王者:田中恒成
年齢:24歳
戦績:13勝7KO無敗
身長:164cm
リーチ:161cm
スタイル:オーソドックス
愛称:中京の怪物

 あのロマチェンコと並ぶ世界最速3階級王者(WBOミニマム、ライトフライ、フライ)は昨年8月に木村翔との壮絶な打ち合いを2-0判定で制し、今年3月、2試合続けての日本人対決となった元世界王者田口良一との試合も3-0判定で完封勝利を収めた。
 また井岡一翔のWBO世界スーパーフライ級王座(2019年6月19日王座決定戦パリクテから獲得)に、階級アップして挑戦したいとコメントしている。

宿命の対決【結果・速報・ライブ】田中恒成vs田口良一 WBO世界フライ級タイトルマッチ 2019年3月16日

2019.03.16

【結果・動画】木村翔vs田中恒成 WBO世界フライ級タイトルマッチ 

2018.09.24


ジョナサン・ゴンサレス
 


WBO世界フライ級1位:ジョナサン・ゴンサレス
国:プエルトリコ
年齢:28歳
戦績:22勝13KO2敗(2KO)1分
身長:157cm
リーチ:157cm
スタイル:サウスポー
愛称:Bomba(爆弾)

 プエルトリコの技巧派サウスポーは元トップアマで157cmとフライ級では小柄だがそのスキルは折紙つき。Bomba(爆弾)の愛称で親しまれるプエルトリケーニョはメキシコの元WBO世界ライトフライ級王者ジョバンニ・セグラとフィリピンのジョーバート・アルバレス相手に2敗を喫しているが何れもKO負けをしている。ジョーバート・アルバレス(フィリピン)は現在世界ランカーで現在2連勝中。2017年10月中山佳祐に引き分け(勝っていたという声が多かった)。

元WBO世界ライトフライ級王者ジョバンニ・セグラ戦の動画

圧倒劇を期待!8月24日『田中恒成vsジョナサン・ゴンサレス』試合前情報まとめ

2019.08.23

【試合内容】田中恒成vsジョナサン・ゴンサレス

 この試合はCBC/TBS系全国ネット生中継8月24日 16:00~16:57放送される。


アンダーカード:畑中健人vsWBC世界Lフライ級10位アブシード(フィリピン)の試合は、畑中健人3-0(95-93、96-93、96-92)勝利。3回畑中がダウンを奪い、4回にアブシードがダウンを奪い、後半ポイントアウトして畑中健人が世界ランクを獲得!

入場済み。
1ラウンド

田中が前にでてプレッシャーをかける。ゴンサレスは下がりながらフットワークを使う。互いに距離は遠い。ゴンサレスはストレート系。田中はボディ。
互いに手数は少ない。様子見。
互角の展開。
ゴンサレスパンチスピード早い。ゴンサレス一回り小さい。

2ラウンド
このラウンドも田中が前に、ゴンサレスはカウンター狙い。
前半、田中がコーナーに詰めて連打。
後半、ゴンザレスがストレート系の連打でペースを掴む。最後ゴンザレスの左ストレートがヒット。

ゴンザレスの優位なラウンド。

3ラウンド
序盤、田中のボディがヒット。
中盤、田中が連打を放つがゴンザレスに空転させられる。
後半、田中が右のショートをヒット。最後田中が右のボディでダウンを奪う。立ち上がるゴンザレス。ゴングに救われる。

4ラウンド
序盤、ゴンザレスが前に出てくる。ストレート連打、ボディフック。
中盤、田中のボディがヒット。
終盤、ゴンザレスが連打でペースを掴む、最後にゴンザレスが左オーバーハンドで田中からダウンを奪う。田中立ち上がる。あダメージはなさそう。


5ラウンド
前半、ゴンザレスがフットワークを使いながら連打で手数をだす。田中は手数が出ない。
後半、田中がボディ、田中の右のオーバーハンドがヒット。
手数ヒットでゴンザレスが優位。


6ラウンド
序盤、田中の左右のフックがヒット。ゴンザレスはストレート系の連打で応戦。
中盤、接近戦になり、細かいヒットゴンザレス。
終盤、田中の左フック。ゴンザレスがジャブからワンツー。

7ラウンド
前半、田中が強引に距離を詰め、アッパーボディをヒット。1分27秒すぎボディで田中がゴンザレスからダウンを奪う。立ち上がるゴンザレス。田中は仕留めに行く、また田中がボディでダウンを奪う、立ち上がるゴンザレス、田中が接近してボディの連打でたまらずゴンザレスがダウン(このラウンド3度目)ゴンザレスはなんとか立ち上がるが、レフリーが手を振り試合を終了。

【試合結果・勝敗】田中恒成vsジョナサン・ゴンサレス


2019年8月24日武田テバオーシャンアリーナで開催されたWBO世界フライ級タイトルマッチ、王者田中恒成vs1位ジョナサン・ゴンサレスの試合結果・勝敗は、田中恒成が4度ボディでダウンを奪い、7ラウンドTKO勝利を収めた。勝利した王者田中恒成は2度目の防衛に成功、戦績を14勝8KO無敗とした。また判定では6ラウンドまではゴンザレスが優勢だった。(55-57,54-58,56-56、0-2)

試合後コメント

兄「ほんとに得頑張りました」

田中恒成コメント
「スピードで勝負しようと思ってたが、うまく行かなかった。前半は思い通りにいかなかった」
「ボディに手応えがあった」


4ラウンドの田中ダウンは
「顔にはもらっていないが、タイミング的に良くなかった」
ボディのダウンについて
「スピードでもっと上回りたかった。もっと早く倒せたと思う。」
次戦の展望は
「やりたいことが特にない。大きな試合はちょっとやりたいが、あまり次のことを考えてない」

今後の田中恒成の対戦相手は?

View Results

Loading ... Loading ...

公式採点

6ラウンドまでの公式採点
55-57,54-58,56-56、0-2でジョナサン・ゴンサレスが優勢だった。

フニッシュ動画7ラウンド

他団体王者の動向

・WBO王者田中恒成
8/24ゴンザレスにTKO勝利で2度目の防衛に成功。

・WBC王者チャーリー・エドワーズ
8/31(日本9/1)にロマチェンコvsキャンベルの興行に出場、対戦相手はアンドリューセルビーをKOしたフリオ・セザール・マルティネス・アギラール(メキシコ)14勝11KO1敗と対戦。ムザラネとの統一戦の話が上がっている。

比嘉大吾に勝利したロサレス・・【結果】クリストファー・ロサレスvsチャーリー・エドワーズ WBCフライ級タイトルマッチ

2018.12.23

・WBA王者ダラキアン
6/15にウクライナで10ラウンドTKO勝利で3度目の防衛に成功している。
現在、次戦は決まっていない。


・IBF王者モルティ・ムザラネ
5月13日に日本で黒田選手と対戦し12ラウンド3-0判定勝ちを収めた。
WBC王者エドワーズとの統一戦の話が上がっている。現在、次戦は決まっていない。

【結果・ライブ速報】黒田雅之vsモルティ・ムザラネ(ムタラネ)IBF世界フライ級タイトルマッチ 2019年5月13日

2019.05.13

【今後次戦】田中恒成

ゴンザレス打たれ弱いので、気は早いですが。勝負に絶対はないですが

今後の田中恒成の対戦相手は?

View Results

Loading ... Loading ...

【限定】『Hi-TechⅡ』 Tシャツ

■限定で即完売したHi-Tech(ハイテク)Tシャツの第二弾。
オリンピック2連覇を果たし、プロ世界最速の3階級制覇王者の通称Hi-Tech(ハイテク)Tシャツ第二弾。

限定枚数残りわずか!

2 件のコメント

  • 田中はゴンサレスの
    スピードとサイドステップに
    ついて行けませんでした。

    ゴンザレスの方が田中より
    スキルフルでした。

    田中はストレートを打てない
    ということがわかりました。

    あの距離まで入ってフックで振り負けて、
    先にインサイドからコンビを叩かれ、自身は空振りさせられた現実。

    真っ直ぐ突き刺す右ストレートを
    遠間からでもどんどん放り込むところから
    ゴンザレス崩しを組み立てるよう
    作戦を変えるべきだった。
    しかし、セコンドは無策で
    切り替えられず。

    相手がボディに穴を見せたから
    幸運にも勝ちに結びつけることができたが、
    田中の限界が垣間見えた試合だったと思う。

    もっとストレートを磨いて
    速い強いすとを打てるようになるべきだ!
    ジャブもゴツゴツとした硬いのを
    「当てる」べきだ!

    そうすれば、上で倒せた可能性は高くなり、被弾も減り、今日の決め手のボディも
    もっと当たっただろう。
    もっと工夫して技術の上積みをしなければ、
    田中は攻略される!
    もちろん、この欠点について、
    田中がもう一度真剣に取り組めば、
    身に付けることができるとも思う。
    期待はしている!

  • 素晴らしいボクサーなのだけど、今日のインタビューからはモチベーションの低下が見て取れるが・・・
    勝っても勝っても中京のローカルボクサーの域を出ないことに失望しているのだろうか・・・?
    こういうボクサーは遅かれ早かれ負ける。その前に心から燃えるようなビッグマッチを組んであげて欲しい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。