コメント 0

【結果・動画】WBO世界Sバンタム級タイトルマッチ、ジェシー・マグダレノVSアイザック・ドグボエ

WBO世界Sバンタム級タイトルマッチ ジェシー・マグダレノVSアイザック・ドグボエ

BOXISART管理人@BOXISARTです。

 2018年4月28日、アメリカ,フィラデルフィアのリアコーラス・センターで、WBO世界スーパーバンタム級王座統一戦、正規王者のヘスス・マグダレノ(アメリカ)対、暫定王座アイザック・ドグボエ(ガーナ)の対戦結果をお届けします。



 正規王者のヘスス・マグダレノは、2016年11月5日に、ドネアから王座獲得、2017年4月22日に、同級12位のアデイルソン・ドス・サントスと対戦し、2回2分51秒KO勝ちを収め、初防衛に成功している。



 暫定王座アイザック・ドグボエは、2018年1月6日にWBO世界スーパーバンタム級1位のセサール・フアレスとWBO世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦を行い、5回2分12秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

試合内容・結果

1ラウンド1分半ぐらい、ドグボエが前進しロープ際で連打、防御するマグダレノ反撃の連打のなかのフックでドグボエがダウン、すぐ立ち上がりそこまで効いてない様子、マグダレノは様子を見て攻めますが、ドグボエのクリンチや反撃でラウンド終了。



2から4ラウンドは、ドグボエが接近戦をしかけ、マグダレノが下がりながらカウンターを狙うという展開。マグダレノのカウンターのクリーンヒット多い印象、際どいラウンドも多い。

5ラウンド、開始25秒ぐらいで ドグボエの右カウンターがマグダレノに炸裂

顎に直撃、マグダレノかなり効いている様子、ドグボエは倒しに行きパワーパンチを繰り出す、マグダレノは防御のみ。どうにかのがれラウンド終了。

6ラウンドから、マグダレノのパンチにパワーが無くなりロープに追い詰められる場面が多い、 ドグボエのクリーンヒットを重ねる手数も落ちない。マグダレノはクリンチが多くなる。



11ラウンド、1分すぎボディから左フックでマグダレノがダウン、 ドグボエはコーナーに追い詰め連打連打、たまらずマグダレノがこのラウンド2度目のダウン、レフリーがマグダレノを抱え試合が終了。

暫定王座アイザック・ドグボエは、11回1分38秒TKO勝ちを収め王座統一に成功(暫定王座の初防衛)すると共に、正規王座に認定。19戦全勝13KOとなった、

フル動画 マグダレノVSドグボエ

スコアカード

今後のドグボエ

◯スパーバンタム各団体の王者
WBA ダニエル・ローマン(米国)
WBO ドグボエ(ガーナ)
WBC レイ・バルガス(メキシコ)
IBF 岩佐 亮佑(セレス)



WBOランキング1位がディエゴ・デラホーヤ(メキシコ)となっているので、やりそうですね。違う団体選んだほうが・・・

この中で一番ドグボエが強いかもしれないと思ってます。 個人的にはローマン推しですが。

日本人がどう絡んでくるかが楽しみです。

久我 勇作(ワタナベ)
大竹 秀典(金子)
和氣 慎吾(FLARE山上)
小國 以載(角海老宝石)
亀田 和毅(協栄)

久我vs和氣が盛り上がっていますが、久我vs大竹が日本人で頂上決戦だと思っています。小國選手は引退していないようです。

アンダーカードにリオ五輪バンタム銀の実績を持つシャクール・スティーブンソン

リオ五輪バンタム銀の実績を持つシャクール・スティーブンソン(アメリカ)が2ラウンドTKO勝ち!これで6勝3KO。

WBO世界Sバンタム級タイトルマッチ ジェシー・マグダレノVSアイザック・ドグボエ




泥臭さとかハングリーとかどこかで聞いたことのある言葉は必要ない

 

怪物 (単行本) Kindle版

日本ボクシング界史上最高傑作の激動の半生を、尚弥を「怪物」たらしめる思考、濃密な家族との物語と共に描く。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。