【結果・ライブ速報】アフロ無敗『ブレア・コブス』vsニーキー 2020年2月15日

 2020年2月15日アメリカ・カリフォルニア州アナハイムのホンダセンターで開催される【ライアン・ガルシア,リナレスDAZN興行】のアンダーカード、ウェルター級10回戦W級新鋭アフロ無敗『ブレア・コブス(アメリカ)』vsサミュエル・コテイ・ニーキー(ガーナ・23勝2敗)の試合結果・内容・勝敗をライブでお届けします。


【結果・ライブ速報】アフロ無敗『ブレア・コブス』vsニーキー 2020年2月15日

【選手情報】アフロ無敗『ブレア・コブス』

選手データ

ブレア・コブス(アメリカ)
30歳
13勝9KO1分無敗
身長179cm
サウスポー
ウェルター級新鋭

特殊な経験をしているようです。
父親はブレアが15歳のときに法的問題を経験し、母親とおばあちゃんが亡くなった為、父親と一緒にメキシコに逃げなければなりませんでした。そんな状況でブレアはボクシングを見つけた「私はすべてをあきらめなければならなかったが、ボクシングで、私は自分自身を見つけた」
https://theathletic.com

試合前コメント「ボクシングの真のエンターテイナーになりたい、スペンスjrは席は売れないけど、俺にはできる」「私はブレア「いつでもどこでもフレア(愛称:天賦才能・獲物の臭覚・スマートさ、センスのよさ)」コブスです。WOOOOOO!!」とコメントしいる。

ライト級大物プロスペクト『デビン・ハニー』とのスパーリング動画


 

目がイッてるアフロ「コブス」【結果・ライブ速報】ブレア・コブスvsビジャロボス 2019年8月23日

2019年8月23日

【試合内容】ブレア・コブスvsニーキー


1ラウンド
足を使いジャブから左ストレートを狙うコブス、ニーキー(ガーナ・23勝2敗)は前にでてジャブから右ストレートを狙う。
スピードで上回るコブスが細かいヒットを当てやや優位に。

2ラウンド
コブスが足を使いながらジャブやボディを狙う。ニーキーはガードを高く上げ前に行くがスピードについていけずパンチが当たらない。
山場がないラウンド。コブス決めに行くときはカウンターから一気に畳み掛けるのでいつ終わってもおかしくないです。


3ラウンド
前半、コブスがジャブ、フック、左ストレート、アッパーをアイているところにヒットさせる。前進するニーキーだが不発。
後半、コブスは足を使って落ち着いた展開に、最後の最後連打で優勢をアピール。
4ラウンド
コブスが足を使い距離を取り山場のないラウンド。
5ラウンド
前半、コブスが動きながらボディを狙う。前進するニーキー。
コブスがスピードで上回り的確に当てるが、山場のないラウンド。


6ラウンド
前半、序盤から打ち合いに、コブスがボディに的確にヒットさせる。
後半、コブス少し距離を取るが打ち終わり的確にボディにヒットさせる。のこり30秒でロープ際で打ち合いにニーキーはフックの連打、コブスはボディに。
コブス優位なラウンド。
7ラウンド
前半、コブスまた足を使い始め塩モードに・・・
後半、最初打ち合いになるが・・コブス足を使い始め塩モードに・・・
8ラウンド
コブス足を使い始め塩モードに・・・
9ラウンド
コブスのボディが低いとニーキーが倒れ込みタイム時間・・・
コブスヒット当てるが、タフネスのニーキーにダメージ与えられない
10ラウンド
最終ラウンド、撃ち合いになるが、ニーキーのパンチはコブスに的確にガードされ、コブスはクリーンヒット当てれず・・試合は判定に。
判定で十分にコブスが取っていますが、この相手にこれはなかなか厳しい出来でした・・・

【試合結果・勝敗】ブレア・コブスvsニーキー


2020年2月15日アメリカ・カリフォルニア州アナハイムのホンダセンターで開催されたウェルター級10回戦W級新鋭アフロ無敗『ブレア・コブス(アメリカ)』vsサミュエル・コテイ・ニーキー(ガーナ・23勝2敗)の試合結果・勝敗は、ブレア・コブスが2-1(94-95 | 96-93 | 96-93)判定勝利を収めた。


次の試合が無敗アレクシス・ロチャでその次がリナレスですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。