【ジャブKO】元IBF世界ウェルター級王者ケル・ブルックが1年1ヶ月ぶりの試合で完封7ラウンドKO勝利!


【ジャブKO】元IBF世界ウェルター級王者ケル・ブルックが1年1ヶ月ぶりの試合で完封7ラウンドKO勝利

 2月9日(日本時間)元IBF世界ウェルター級王者ケル・ブルックが、イングランドのシェフィールドのアリーナで、1年1ヶ月ぶりの試合でマーク・デルーカ(イギリス)24勝13KO1敗と対戦し、序盤から完封でポイントメイクし、最後はジャブのカウンターで芸術KOで7ラウンドKO勝利を収めた。この試合はWBOスーパーウェルター級インターコンチネンタル王座が懸けられ、ケル・ブルックが王座獲得した。


【フィニッシュシーン動画】ケル・ブルックvsマーク・デルーカ

7ラウンドのフィニッシュシーン


ケル・ブルック次は誰と戦う?

 ブルックは、ウェルター級から2階級アップしてゴロフキンに挑戦するが眼底骨折を負いTKO負け、連戦でスーパーウェルター級スペンスjr(現在IBFウェルター級王者でリング誌W級PFP1位)と対戦しKO負けしたが、そこから3連勝を収め、そろそろ王座戦が期待するところ、今回はスーパーウェルター級で試合をしたがどこの王座を狙っていくのか?楽しみですね。


スーパーウェルター級なら
WBC王者ジャーメル・チャーロ(チャーロ弟):PBC系プロモーション
IBF・WBAジェイソン・ロザリオ:PBC系プロモーション
・WBOパトリック・テイシェイラ:?プロモーション

ブルックの所属するマッチルーム+DAZNには王座がない・・・・どこを狙っていくのか?

ウェルター級を狙うにしても
WBAゴールド王座のヴァージル・オーティスjr:GBP+DAZN
育成中の若き王者オーティスのゴールド王座、互いにメリットがなさそうで微妙なところ・・・



DAZNは
アミール・カーン
ジャーメル・チャーロ弟
エロール・スペンスJR
を煽っていますが、どうなることやら。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。