【週末試合結果】2018年12月23日 疑惑の判定チャーロ兄弟、比嘉に勝利したロサレスが、村田諒太に負けたエンダム

box is art | リスクを取る勇気が無い者は、人生において何も達成することが出来ない rip Muhammad Ali 

2018年12月23日週末の試合結果を簡単にご紹介。疑惑の判定・・チャーロ兄弟のダブル世界戦、ウォーリントンvsフランプトン、比嘉に勝利したロサレスが・・、村田諒太に負けたエンダムが敵地でアップセット等。


◯目次
1 チャーロ兄、防衛!PBC判定?コロボフ大健闘
2 チャーロ弟、防衛失敗!信じられない判定が?ハリソン・・
3 イギリス新旧対決、ウォーリントン大差判定勝ち
4 比嘉に勝利したロサレスが・・王座陥落
5 銅メダリストのコンラン安定勝利!
6 村田諒太に負けたエンダムが敵地でアップセット
7 ホワイトvsチゾラ2。左フック一発

チャーロ兄、防衛!PBC判定?コロボフ大健闘

判定が・・【結果】ジャモール・チャーロvsマット・コロボフ WBC世界ミドル級暫定タイトルマッチ

12月22日(23日)
WBC世界ミドル級暫定タイトルマッチ
王者:ジャモール・チャーロ(アメリカ)
世界王者チャーロ兄弟の兄、28歳、プロ戦歴27勝21KO無敗、アマチュア65勝6敗、オーソドックス
vs
マット・コロボフ(ロシア・アメリカ)
35歳、プロ戦歴28勝14KO1敗、アマチュア338勝12敗、サウスポー
※ウィリー・モンローJrがVADA違反物質が見つかり、代役としてマット・コロボフが選ばれた。
代役で出場することとなったコロボフは大健闘し引き分けでもいいくらいのポイント差というメディアがあった。試合結果・勝敗、判定は王者ジャモール・チャーロが3-0の判定勝利(116-112 | 119-108 | 116-112 )を収め、王座の防衛に成功。勝利したジャモール・チャーロの戦歴は28勝21KO無敗とした。 実際のポイント差よりもかなりの僅差で判定勝利したように見えました。今日のPBC興行のジャッジはチャーロ弟も含めスペクタクルジャッジです・・・・。
詳細はこちらから↓

判定が・・【結果】ジャモール・チャーロvsマット・コロボフ WBC世界ミドル級暫定タイトルマッチ

2018.12.23


チャーロ弟、防衛失敗!信じられない判定が?ハリソン・・

信じられない判定が【結果】ジャーメル・チャーロvsトニー・ハリソン WBC世界スーパーウェルター級タイトルマッチ

12月22日(23日)
WBC世界スーパーウェルター級タイトルマッチ
王者:ジャーメル・チャーロ(アメリカ)
世界王者チャーロ兄弟の弟、28歳、プロ戦歴31勝15KO無敗、アマチュア56勝8敗、
ジャーメル・チャーロの4度目の防衛戦
vs
トニー・ハリソン(アメリカ)
28歳、プロ戦歴27勝21KO2敗、ハードパンチャー
互いに手数が少ない技術戦となり、難しいジャッジではあったのですが、手数少なくカウンターでパンチを当てたトニー・ハリソンが3-0の判定勝利(115-113 | 115-113 | 116-112 )を収め、世界王座を獲得。勝利した トニー・ハリソンは戦歴を28勝21KO2敗とした。王座陥落したジャーメル・チャーロは戦歴を31勝15KO1敗となった。
詳細はこちらから↓

信じられない判定が【結果】ジャーメル・チャーロvsトニー・ハリソン WBC世界スーパーウェルター級タイトルマッチ

2018.12.23


イギリス新旧対決、ウォーリントン大差判定勝ち

【結果】ジョシュ・ウォーリントンvsカール・フランプトン IBF世界フェザー級タイトルマッチ 

12月22日(23日)
IBF世界フェザー級タイトルマッチ
王者:ジョシュ・ウォーリントン(イギリス)
28歳、27戦6KO無敗
vs
カール・フランプトン(イギリス)
31歳、26勝15KO1敗、元2階級制覇王者
 王者ジョシュ・ウォーリントンの初防衛戦(セルビーから王座を奪取)、ワーリントンにとって初防衛戦から強敵の元2階級制覇王者フランプトンとのイギリス人同士の好カードとなった。
 フランプトンは予想以上に何も出来ず、王者ジョシュ・ウォーリントンが3-0の判定勝利(116-113、116-112、116-112)しIBF世界フェザー級王座の初防衛に成功した。
詳細はこちらから↓

【結果・動画】ジョシュ・ウォーリントンvsカール・フランプトン IBF世界フェザー級タイトルマッチ 

2018.12.23

比嘉に勝利したロサレスが・・王座陥落

比嘉に勝利したロサレスが・・【結果】クリストファー・ロサレスvsチャーリー・エドワーズ WBCフライ級タイトルマッチ

12月22日(23日) 
WBCフライ級タイトルマッチ
王者:クリストファー・ロサレス(ニカラグア)
vs
チャーリー・エドワーズ(イギリス)

 王者クリストファー・ロサレス4月の王座獲得試合を含め4連続KO勝利中イギリス2連戦。
挑戦者チャリー・エドワーズ約2年3ヶ月振りの世界挑戦、当時IBF世界フライ級王者のジョンリル・カシメロ(フィリピン)に何も出来ず10ラウンドTKO負け、現在5連勝中。オッズ、ロサレス1.5vsエドワーズ2.7。
 ロサレスのパワーパンチをかいくぐり挑戦者のアウトボクシングが機能し、挑戦者のチャーリー・エドワーズが3-0の判定勝利(118-110|117-111|116-112)し2度目の世界挑戦で、初の世界王座獲得に成功した。
詳細はこちらから↓

比嘉大吾に勝利したロサレス・・【結果】クリストファー・ロサレスvsチャーリー・エドワーズ WBCフライ級タイトルマッチ

2018.12.23


銅メダリストのコンラン安定勝利!

安定勝利?【結果】銅メダリストのマイケル・コンランvsカニングハム

12月22日(23日) 
WBO世界インターコンチネンタル・フェザー級タイトルマッチ
マイケル・コンラン(アイルランド)
vs
ジェイソン・カニングハム(イギリス)

 マイケル・コンランが3-0判定勝利(98-92 |97-92 |97-92 )を収め、WBO世界インターコンチネンタル王座を獲得、戦歴を10勝6KO無敗とした。
詳細はこちらから↓

安定勝利?【結果】銅メダリストのマイケル・コンランvsカニングハム

2018.12.23

村田諒太に負けたエンダムが敵地でアップセット

村田諒太に負けたエンダムが敵地で【結果】ハッサン・エンダムvsマーティン・マレー

12月22日(23日)
ハッサン・エンダム(フランス)
36勝21KO3敗、34歳。
vs
マーティン・マレー(イギリス)
WBCミドル級2位、36歳、37勝17KO4敗
挑戦者のハッサン・エンダムがダウンを奪われるが2-0の判定勝利(114-114、117-112、116-112)しWBCミドル級シルバー王座獲得に成功した。村田諒太にKO負けて以来の試合を見事に敵地で判定勝利を収めた。
詳細はこちらから↓

村田諒太に負けたエンダムが敵地で【結果】ハッサン・エンダムvsマーティン・マレー

2018.12.23

ホワイトvsチゾラ2。左フック一発


12月22日
WBCシルバー&WBOインター・ヘビー級タイトルマッチ
ディリアン・ホワイト
WBC&WBO世界ヘビー級1位


vs
デレック・チゾラ
WBA5位、IBF5位、WBO11位

ディリアン・ホワイトが11ラウンド左フック一発でデレック・チゾラをテンカウントKO勝利。

海外での試合はこれでほぼ終りとなりました。残るは国内の年末恒例の世界戦!楽しみです。

2018年の年末と大晦日世界戦ボクシングカード情報まとめ【結果更新】

2018.11.15

【プレゼント】京口紘人の限定Tシャツ、12月25日まで

2018.12.21
box is art | リスクを取る勇気が無い者は、人生において何も達成することが出来ない rip Muhammad Ali 

【限定】『Hi-TechⅡ』 Tシャツ

■限定で即完売したHi-Tech(ハイテク)Tシャツの第二弾。
オリンピック2連覇を果たし、プロ世界最速の3階級制覇王者の通称Hi-Tech(ハイテク)Tシャツ第二弾。

限定枚数残りわずか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。