ロマゴン『エストラーダ再戦90%完了』10月24日互いに勝つことが必須!

 4階級制覇王者ロマゴンがWBC世界フライ級王者エストラーダと来年対決する可能性が90%になったとESPNデポーテスにコメントした。


 両者約8年前(2012年11月)に対戦していて、エストラーダは世界初挑戦でアメリカデビュー、フライ級から下げて挑戦、ロマゴンが3-0判定勝ちを収めた。

 両者10月24日に同じ興行でそれぞれ試合を行うことが決まっており、勝つことも再戦の条件となっている。

ロマゴン『エストラーダ再戦90%完了』10月24日互いに勝つことが必須!

ロマゴンのコメント

ロマゴンのコメント
「エストラーダとの再戦の詳細は、ほとんど完成しており、一部の詳細が決まっていませんが、80%90%の交渉状況となっている。それは本当に良い戦いになるでしょう。
 多くの計画がありますが、最終的にはその計画が失敗する可能性があることを私たちは知っています。私はこの戦いに集中しています。この戦いに勝つと、良いことが起こります。イスラエル・ゴンサレスは簡単な敵ではありません。私たちは誰も軽蔑するつもりはありません。私たちはこれから抜け出し、途中で何が起こり得るか、そして私たちが待ち望んでいたエストラーダの戦いが起こるかどうかを見たいと思っています」
とESPNデポーテスにコメントした。


10月24日メキシコ『ロマゴン+エストラーダ+マルチネス』


トリプル世界タイトル戦
・WBCスーパーフライ級タイトルマッチ
 王者フアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)
vs
元世界王者カルロス・クアドラス(メキシコ)

・WBAスーパーフライ級スーパータイトルマッチ
 王者ローマン・ゴンサレス(帝拳、ニカラグア)
vs
イスラエル・ゴンサレス(メキシコ)


・WBCフライ級タイトルマッチ
 王者フリオ・セサール・マルティネス(メキシコ)
vs
マキシミノ・フローレス(メキシコ)


勝敗予想投票※結果だけも

約8年前(2012年11月)エストラーダは世界初挑戦でアメリカデビュー、フライ級から下げて挑戦、スーパーフライ級ならもともと上の階級だったエストラーダ優位?2敗してから王座奪還して勢いに乗るロマゴンの優位?
難しいですね。

【再戦】ロマゴンvsエストラーダ

View Results

Loading ... Loading ...


スーパーフライ級王者の動向、井岡vs田中、ニエテス

■WBA正規王者ジョシュア・フランコ
6月24日アンドリュー・モロニーから王座獲得、アンドリューとのリダイレクトマッチが11月15日クロフォードvsブルックのセミに試合が決まった。


■WBAスーパー王者ロマゴン
2020年3月1日ヤファイから王座獲得。10月24日メキシコでイスラエル・ゴンサレスと対戦。

■WBC王者エストラーダ
10月24日メキシコで元世界王者のクアドラスと対戦。11月15日


■IBF王者アンカハス
2019年12月7日にミゲール・ゴンザレスと対戦し6ラウンドTKO勝利。2020年4月11日ジョナサン・ロドリゲスと防衛戦を行うことが決まっていたが新型コロナウイルスの影響で試合延期になった。
10月初旬に米国に到着し、米国でトレーニングしている。
減量苦が噂されバンタムに上げる可能性も?

■WBO王者井岡一翔
2019年6月アストン・パリクテ(フィリピン)と王座決定戦を行い10ラウンドTKO勝利を収め、4階級制覇を達成。2019年12月初防衛戦ジェイビエール・シントロンに判定勝利。
10/9夕刊フジが井岡vs田中が大晦日に対戦する可能性があると報じた!


■WBO1位田中恒成
王座返上してWBOスーパーフライ級1位に、WBO王者井岡と対戦待ったなし??
10/9夕刊フジが井岡vs田中が大晦日に対戦する可能性があると報じた!


■元WBO王者ドニー・ニエテス

 ドニー・ニエテスは井岡一翔の決定戦でWBO世界S・フライ級王座を獲得するが指名戦を拒否し王座返上し、2018年12月の井岡戦から試合をしていない。ALAジムが閉鎖し、新しいプロモーター『MTK Global』+『D4G Promotions 』と契約を結び、12月1月に調整試合を行い、タイトル戦を行うと放送された。

スーパーフライ級PFPは?※複数投票可

View Results

Loading ... Loading ...

【勝敗予想】井岡一翔vs田中恒成

View Results

Loading ... Loading ...



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。